Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • レバノン人、ベイルートの爆発からガラスをリサイクル

レバノン人、ベイルートの爆発からガラスをリサイクル

レバノン北部の港町トリポリで、ベイルートの爆発で割れたガラスをリサイクルしている工場の従業員。(AFP)
レバノン北部の港町トリポリで、ベイルートの爆発で割れたガラスをリサイクルしている工場の従業員。(AFP)
Short Url:
07 Sep 2020 11:09:46 GMT9
07 Sep 2020 11:09:46 GMT9
  • 「私たちは、粉々になったガラスの少なくとも一部を原料として、地元の産業が恩恵を受けるべきだと判断しました」シダー・エンバイロメンタル社CEO、ジアード・アビチャカー氏

レバノン・トリポリ:レバノン北部で割れたガラスの山の中に立っていた男は、港での大規模な爆発の後にベイルートから回収した破片をシャベル一杯に積み上げ、真っ赤に熱した炉の中に入れた。

第二の都市トリポリの工場で溶かされたガラスは、伝統的な首の細い水差しにリサイクルするための溶融ガラスとして再び現れた。

8月4日の港の爆発は無数のガラスのドアや窓を吹き飛ばし、ベイルート地区全体を荒廃させた。

ボランティア、非政府グループ、企業家たちは、通りに散らばった大量のガラスの少なくとも一部を回収しようとした。そのうちの一部は、ウィッサム・ハムードの家族のガラス工場でリサイクルでされた。

数人の男性が建物の外で破片の山を仕分けする傍ら、「ここにあるのはベイルートの爆発で出たガラスです」と、ユナイテッド・グラス・プロダクション・カンパニー(ユニグラス)のハムード副社長は言った。

「私たちがそれを再生できるように、機関が運んできています」と、この24歳は語る。

ハムードさんによると、作業員が後ろで瓶を洗ったり積み上げたりしているうちに、工場には20~22トンのガラスが運ばれてきたそうで、工場は900~1200度で燃える炉を中心に、リズミカルな活動による活気ある場となっていた。

近くでは、3人の男性が入念に計画された順序に従って型抜きによる瓶を製造し、別の2人はレバノンの伝統的なピッチャーを吹いて成形するという、より繊細な工程を担当していた。「私たちは一日24時間働いています。停止するとお金がかかりすぎるので、止めることはできないのです」と、ハムードさんは言う。

環境エンジニアリング会社シダー・エンバイロメンタルのCEOであるジアード・アビチャカーさんは、レバノンのガラスをリサイクルする取り組みの複数を率いている。

爆発後の最初の数日間、彼は市民社会団体や多くのボランティアと協力して、数十年前からの固形廃棄物の危機によってすでに過剰な負荷がかかっていた埋立地から可能な限り多くのガラスを取り除く計画を考え出した。

「私たちは、粉々になったガラスの少なくとも一部を原料として、地元の産業が恩恵を受けるべきだと判断しました」と、アビチャカーさんはAFPに語った。

「私たちは埋立地に行き着いたガラスを転用しています。無料の原料として、地元の産業に供給しているのです」と彼は付け加えた。

同氏によると、爆発で5,000トン以上のガラスが粉々になったという。

8月中旬から9月2日までの間に、トリポリのユニガラスとコウブ/ゴールデン・グラスに58トン近くが再利用のために送られた。アビチャカーさんは、資金援助を受けて、合計250トンにまで増やしたいと語った。

ベイルートの甚大な被害を受けたマル・ミカエル地区にある「ベースキャンプ」と呼ばれるボランティア活動の拠点では、頑丈な靴とマスク、厚手の手袋を身につけた若者たちが炎天下でガラスを選別し、山積みになった破片からゴミのかけらを取り出している。

爆発の数ヶ月前に、アラビア語で「アニーネ・ファディ(空のボトル)」と呼ばれるガラスのリサイクル・プロジェクトを立ち上げていたアンソニー・アブデル・カリムさんが、このプロジェクトの運営をコーディネートしている。

AFP

 

特に人気
オススメ

return to top