Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • エールフランス‐KLMは危機のさなかドバイに事務所を開設へ

エールフランス‐KLMは危機のさなかドバイに事務所を開設へ

Short Url:
09 Nov 2020 03:11:45 GMT9
09 Nov 2020 03:11:45 GMT9
  • エールフランスは第4四半期に前年同期の運航能力の35%未満の運航を見通している

アラブニュース

ロンドン:エールフランス-KLMグループは、同航空会社が新型コロナウイルスのパンデミックの再発による新たな圧力にさらされているため、ドバイ・エアポート・フリーゾーンに新しい地域本部を開設した。

エールフランス-KLMチームは、グループの持続可能性の目標をサポートするよう設計されたドバイ・エアポート・フリーゾーンに新しい事務所を移転した。

ドバイ・エアポート・フリーゾーン庁の代表、シェイク・アハマド・ビン・サイード・アル・マクトゥーム氏は「この発表は、非常に柔軟なアプローチを通じて新型コロナウイルス感染症のパンデミック対策のためにUAEが提供した取り組みと奨励措置の一環として行われる」「同戦略は、特にパンデミックの初めに適用された世界的な規制と措置の影響を受けた航空部門でビジネスの継続性と成長を確保し、次の段階への回復を加速させるのに役立った。」と述べた。

エミレーツ航空やアブダビを拠点とするエティハド航空などの航空会社がコスト削減、仕事の削減、一部の従業員への無給休暇の取得を余儀なくされ、ドバイの巨大な航空経済は国際旅行の崩壊によって荒廃した。

エールフランス-KLMは先週、第3四半期の決算で10億5,000万ユーロ(12億4,000万米ドル)の営業損益を報告し、新たなロックダウンのさなかに事業環境がさらに悪化する可能性があると警告した。

同航空会社は最近、エールフランス航空とドバイへの毎日のKLMのフライトで、UAEへのサービスを再開した。

特に人気
オススメ

return to top