Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ADNOCが初めてのアラブ首長国連邦からのシェールガスを供給

ADNOCが初めてのアラブ首長国連邦からのシェールガスを供給

2018年11月、ADNOCはトタルとの取引に署名した。これはRuwais Diyabでの非在来型ガス採油権の40%に関与を認めるという内容であった。(ファイル/シャッターストック)
2018年11月、ADNOCはトタルとの取引に署名した。これはRuwais Diyabでの非在来型ガス採油権の40%に関与を認めるという内容であった。(ファイル/シャッターストック)
Short Url:
12 Nov 2020 07:11:30 GMT9
12 Nov 2020 07:11:30 GMT9
  • アブダビは、約160兆標準立方フィートの回収可能資源となる非在来型ガスを発見したと発表した
  • 近年、シェール油とガスセクターの成長が市場(特にアメリカ)を混乱させている

Sean Cronin

ロンドン:アラブ首長国連邦が初めて非在来型ガスを供給し、エネルギー原料の自給自足に一歩近づいた。

ADNOC(アブダビ国有石油会社)とトタルは、アブダビ市の西200キロに位置するRuwais Diyabでの採油権から非在来型ガスが供給されたと述べた。

両社は、2030年までの採油権による1兆標準立方フィートのガス生成を目指しており、最終的にはアラブ首長国連邦のガス自給自足を目標としている。それはこの地の非在来型ガス採油権協定への署名から2年後となる。

「今回の成果は、我々自身の統一されたガス戦略に沿って供給を行い、国家のガス自給自足を実現する上で、アラブ首長国連邦の非在来型ガス資源開発におけるマイルストーンとなった」と、ADNOCの生産担当取締役であるYaser Saeed Alamazroueiは述べている。

中東にとって重要な石油ガス経済は、長年この地の慣行的生産要素であり、比較的安価に炭化水素を表面近くや沖合の浅瀬から抽出していた。

近年、シェール油とガスセクターの成長が市場を混乱させている。特に、テキサスとニューメキシコにまたがるPermian製油所から、岩と砂の層の間にたまった石油とガスを豊富に供給しているアメリカ市場で混乱が見られる。

現在、エネルギー製造業者であるガルフも非在来型ガスのサウジアラビアへの供給を開始しており、Jafurah製油所での大量の非在来型ガス開発に約千億ドルを投資することも計画している。

アラブ首長国連邦やサウジアラビアのように、ガスを国内エネルギーとして、またはもっと価値の高い石油化学製品を作るための原料として使用する国では、そのような非在来型ガスの発見は経済多角化に重要である。

しかし、この地に台頭してきた非在来型ガス生成業者たちは、タイトガスを抽出する際に様々な問題に直面している。それは水圧破砕法に通常必要な大量の水の確保や、業界内で関連経験をもつコントラクターの確保などである。

アブダビは、約160兆標準立方フィートの回収可能資源となる非在来型ガスを発見したと発表した。
2018年11月、ADNOCはトタルとの契約に署名した。これはRuwais Diyabでの非在来型ガス採油権の40%に関与を認めるという内容であった。

特に人気
オススメ

return to top