Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アブダビのファンドがルイ・ドレフュスとの8億ドルの取引で食料安全保障を強化

アブダビのファンドがルイ・ドレフュスとの8億ドルの取引で食料安全保障を強化

169年の歴史を持つ同族経営グループのルイ・ドレフュス社(LDC)は、億万長者マルガリータ・ルイ・ドレフュスが支配している。(AFP)
169年の歴史を持つ同族経営グループのルイ・ドレフュス社(LDC)は、億万長者マルガリータ・ルイ・ドレフュスが支配している。(AFP)
Short Url:
12 Nov 2020 08:11:08 GMT9
12 Nov 2020 08:11:08 GMT9
  • ADQはルイ・ドレフュス(LDC)の過半数の株式を、この商社への8億ドルの投資の一環として取得
  • 今回の取引は、コロナウィルスパンデミックにより湾岸諸国の間で食料安全保障への注目が再び高まっている中で行われる

ショーン・クローニン

ロンドン: アブダビのADQがルイ・ドレフュス社(LDC)の過半数の株式を、この商社への8億ドルの投資の一環として取得することに同意した。

この取引は、コロナウィルスパンデミックにより湾岸諸国の間で食料安全保障への注目が再び高まっている中で行われる。同地域では食料の多くを輸入に依存している。

また、億万長者マルガリータ・ルイ・ドレフュスが支配する、169年の歴史を持つ同族経営のこのグループが、外部からの大規模な投資を受け入れるのは今回が初めてとなる。

この取引の一部として、ルイ・ドレフュス社はUAEへの農産品販売で、ADQと長期供給契約も締結した。

LDCは世界4大商品商社の1つで、今年前半は1億2,600万ドルの利益を報告している。

取引完了後、最低8億ドルに上るその売却収益の一部がLDCに投資されると、ADQが水曜に声明で述べた。

取得価格は開示されていない。

「食品と農産品はADQにとって、金銭的なリターンを生み出し、現地で経済クラスターを強化するための、魅力ある中核分野」と、ADQのモハメド・ハッサン・アルスワイディCEOは述べた。「世界最大の農産品・食品企業の1つであるLDCは、ADQにとって戦略的な投資チャンスを意味する」

この最新の投資により、アブダビ投資グループの農業ポートフォリオが拡大する。同ポートフォリオには、UAEでの現地食料生産強化を目的に最近設立されたサイラル社や、地域最大の食品・飲料品生産者の1つアグシア社が含まれる。

ADQは今年これまでにも、動物飼料と主要食料商品に特化した多国籍アグリビジネスグループ、アルダーラ・ホールディングス社の50%の株式取得に合意している。

「ADQを長期的なパートナーおよび投資家として、私たちの株主グループに迎えることができ、嬉しく思う。私たちはLDCの未来に対して共通のビジョンを持っている。同社の持つ経験は、事業にさらなる価値をもたらし、グループの野心を支えるだろう」と、マルガリータ・ルイ・ドレフュスは声明で述べた。

特に人気
オススメ

return to top