Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本が脱炭素の目標を支援するための優遇税制、資金援助を計画

日本が脱炭素の目標を支援するための優遇税制、資金援助を計画

日本は、グリーン投資を支援するため優遇税制の導入と研究基金の創設を計画している。(シャッターストック)
日本は、グリーン投資を支援するため優遇税制の導入と研究基金の創設を計画している。(シャッターストック)
Short Url:
13 Nov 2020 05:11:37 GMT9
13 Nov 2020 05:11:37 GMT9

日本政府が今月初めに発表したカーボンニュートラルの目標の達成を推し進めるなか、同国はいわゆるグリーン投資を支援するための優遇税制の導入、さらには研究基金の創設を計画していると、日経新聞は報じた。

同紙は金曜日、日本政府が来年度の税制改正大綱と来年の3月31日に終了する今年度の補正予算に、この優遇税制と研究基金を組み入れる計画であると、情報の出所は明らかにせずに報じた。

さらに、この優遇税制が風力タービン、電気自動車やハイブリッド車用の次世代リチウムイオン電池、電圧を調節して電力を節約する半導体への投資促進を目的としていると伝えた。優遇税制は他の分野にも拡大される可能性があるとも報じている。

また、優遇税制の対象となる投資計画には政府の承認が必要であり、来年の国会会期中に法案が提出されると伝えた。

一方、研究基金は水素燃料、電力貯蔵、カーボンリサイクル、洋上風力発電などの分野に資金を提供し、政府当局は補正予算に1兆円(95億ドル)を確保するよう求めていると、同紙は伝えている。

菅義偉首相は今月初め、「日本は2050年までに温室効果ガスをゼロに削減し、カーボンニュートラルな社会を目指す」と、気候変動に対する日本の立場の大きな変化について述べた。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top