Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • コーラル・ブルームがサウジアラビアの観光目標の1330億ドルに近づける

コーラル・ブルームがサウジアラビアの観光目標の1330億ドルに近づける

コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。(提供)
Short Url:
12 Feb 2021 02:02:04 GMT9
12 Feb 2021 02:02:04 GMT9
  • 皇太子が発表した紅海プロジェクトは、新たな雇用と海外投資の起爆剤となるだろう。

Shane McGinley 

ドバイ:12月に開催された前回の2021年予算フォーラムで、サウジアラビアのアフメト・アル=ハティーブ観光大臣は、2023年までに2200億サウジアラビア・リヤル(580億ドル)、10年後までに5000億サウジアラビア・リヤル以上の観光投資を新たに誘致することを目標にしていると述べた。

2019 年に、サウジアラビアの旅行者は海外旅行に220 億ドルを消費した。同省が王国の観光収入を高めるために目指している方法の一つは、サウジアラビア人が観光に使う金の一部を国内で消費することを奨励することである。

「私たちは流出を減らしました」とアル=ハティーブ大臣は12月にアラブニュースに語った。「2019年、私たちはサウジアラビアで11の「シーズン」を開始し、外への旅行を30%削減しました。これを続けていくと、間違いなく流出は減るでしょう。サウジアラビア人は国内にいたいと思うだろうし、彼らはこの機会を楽しむでしょう」。

流出を減らすために有効な方法の一つは、サウジアラビアの観光客が王国の国境内で楽しめるアトラクションを提供することだ。この主要な例はサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマーン皇太子が水曜日に発表したコーラル・ブルーム・プロジェクトである。

コーラル・ブルームは、サウジアラビアの政府系ファンドである公共投資基金(PIF)の支援を受け、紅海プロジェクトの旗艦開発の一環として、世界的に有名なイギリスの建築会社フォスター+パートナーズによって設計された。イルカのような形をしたシュライラ島を拠点とするこの島には、世界で4番目に大きなバリアリーフシステム、手つかずのサンゴ、絶滅危惧種の多くが生息している。

11軒のホテルを含むこのプロジェクトは、観光産業の発展に大きく寄与すると同時に、経済的にもプラスになるとして、サウジアラビアの各分野の専門家から歓迎されている。

経済学者でサウジアラビア金融協会の理事を務めるタラート・ザキ・ハフィズ氏は、コーラル・ブルームは、キディヤ、ザ・ライン、NEOMなど、近年政府が発表した他の巨大プロジェクトと並ぶものだと述べている。この最近の付加は「社会的な観点からのみならず、サウジアラビアの経済、そして王国全体のGDP にも価値を加える」と 氏は述べた。

観光部門は現在、王国のGDPの約3.5%を占めており、観光省はコーラル・ブルームのようなプロジェクトが今後10年以内に10%へこれを増やすのに役立つことを期待している。

「私はムハンマド・ビン・サルマーン皇太子がサウジアラビアの経済を多様化するための素晴らしい仕事をしていると思う。そして同時に、この島を建築やライフスタイルの面でユニークなものにしようとしている」と、サウード国王大学リヤド校の教授であり、旅行・観光業のアナリストでもあるサレム・アルガムディ氏は語った。

「準備が整うのを待つばかりです。私も最初の訪問者の一人になります。滞在して質の高い時間を過ごすための素晴らしい場所になるでしょう。また、サウジアラビア経済を多様化させるための非常に良い方法です」と氏は付け加えた。

多様化というテーマに共鳴して、金融アナリストであり法律の専門家でもあるMajed Al-Hedayan博士は、プロジェクトは「前例のない方法でグローバルな観光のための前線となり」、それはまた、王国内で「外国人投資家が彼らの投資プロジェクトを確立すること」を奨励し、したがって、当部門での将来の投資のための触媒として機能し、また2030年までに5000億サウジアラビア・リヤルを生み出すというその目標を達成するための手助けとして長期にわたり続くだろう、と述べた。

現在、サウジアラビアの労働力の約4%が観光業に従事している。コーラル・ブルームの開発元であるレッドシー・デベロップメント・カンパニーは昨年、サウジアラビアの若者を対象に850人以上の対面インタビューを実施し、そのうち90%が旅行・観光分野でのキャリアを熱望していると回答している。

リヤドに拠点を置く金融サービス会社、アル・ラジヒ・キャピタルのリサーチ責任者であるマゼン・アル・スダイリ氏は、紅海でのプロジェクトのようなプロジェクトは、彼らのキャリアへの野望を現実のものにするのに役立つだろうと述べた。アル・スダイリ氏は、PIF の支援を受けたコーラル・ブルーム・プロジェクトが「最近発表された他のプロジェクトとよく合致している」と述べ、「より多くの観光を実現し、王国内で地元の雇用を生み出す」と述べた。

サウジアラビアの観光分野の回復力は、コロナウイルスのパンデミックの間に明確となった。国連世界観光機関は2020年を「観光の歴史上、最悪の年」と表現しており、1月から10月の間の外国人観光客の数は前年比で72%減となったが、サウジアラビアの国内市場はその傾向に逆らっている。

4月のロイターのインタビューで、アル=ハティーブ大臣は、2020年にはサウジアラビアの観光業は45%も縮小する可能性があると述べた。しかし、9月にはブルームバーグに対し、国内旅行の急増(当局の予測を50%上回る)が企業や雇用を救っただけでなく、経済を後押ししたと語った。

リヤドの行政研究所の顧問で法学部教授のオサマ・ガネム・アロバイディ博士は、パンデミックの間に観光業が好調に推移したことは、ビジョン2030の一環として掲げられた目標が軌道に乗っていることを示す明確な証拠であると述べた。

「経済の多様化を達成するために、サウジアラビアは外国からの投資、および中小企業の経済への参加を増やし、新たな雇用機会を創出し、コーラル・ブルームのような世界で最も印象的な巨大プロジェクトのいくつかを創出・開発しようとしています」。

特に人気
オススメ

return to top