Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 市場のリバランスに伴い、原油価格が13ヶ月ぶりの高値

市場のリバランスに伴い、原油価格が13ヶ月ぶりの高値

月曜日、ブレント原油は取り引き時間中最高値となる1バレル63.76ドルを記録した後、93セント、1.5%高い63.36ドルとなった。(シャッターストック)
月曜日、ブレント原油は取り引き時間中最高値となる1バレル63.76ドルを記録した後、93セント、1.5%高い63.36ドルとなった。(シャッターストック)
Short Url:
16 Feb 2021 04:02:11 GMT9
16 Feb 2021 04:02:11 GMT9
  • ワクチンは需要の回復を約束、産油国は供給を引き続き抑制

ロンドン:原油価格は月曜日、ワクチン供給開始による需要回復が約束され、産油国が供給を抑制し続けていることから、約13ヶ月ぶりの高値にまで急上昇した。

ブレント原油は、昨年1月22日以来の高値となる、取り引き時間中最高値の1バレル63.76ドルを記録した後、93セント、1.5%高い63.36ドルとなった。

米国のウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)原油先物は、昨年1月8日以来の高値となる60.95ドルを付けた後、86セント、1.5%、上昇して60.33ドルとなった。

原油価格は先週、約5%上昇した。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国で構成されるOPEC+による減産が主な原因で生じた供給の逼迫を受けて、価格はここ数週間で反発してきた。

ロシアのアレクサンドル・ノヴァク副首相は、世界の石油市場は回復基調にあり、今年の石油価格は平均で1バレル45-60ドルになる可能性があると述べた。

「この数ヶ月間、価格変動幅は低く推移してきました。これは市場のつり合いが取れていることを意味し、今日我々が目にしている価格は市況に沿っているということです」と、ノバク副首相が述べたと伝えられている。

一方、アメリカのジョー・バイデン大統領は、自身の任期で最初となる主要な立法成果を挙げようとしており、金曜日には国内の超党派の関係者グループに対し1.9兆ドルのコロナウイルス救済計画への支援を求めた。

「市場が待ちわびている1.9兆ドルのパッケージは通過していません。最新の米国の雇用統計が労働市場の厳しさを示唆する中、救済パッケージは、一部の人にとっては、すぐにでも実現してほしいものです」とロンドンの証券会社PVMオイルアソシエイツの石油アナリスト、タマス・ヴァルガは述べた。「刺激策は何らかの形で承認される可能性が高いでしょう」と、同氏は付け加えた。

供給をさらに逼迫させる可能性のある動きとして、ノルウェー最大の石油積荷ターミナルでは今週、労働者がストライキを行う可能性がある。ストライキはノルウェーの原油生産量の3分の1を占める油田での生産を中断させる可能性がある。

ロイター通信

特に人気
オススメ

return to top