Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 2月の鉱工業生産、2.1%低下=半導体不足が自動車直撃

2月の鉱工業生産、2.1%低下=半導体不足が自動車直撃

出荷は12業種で低下し、全体で1.5%のマイナス。普通乗用車や自動車部品の出荷が減ったことが影響した。(AFP)
出荷は12業種で低下し、全体で1.5%のマイナス。普通乗用車や自動車部品の出荷が減ったことが影響した。(AFP)
Short Url:
31 Mar 2021 01:03:52 GMT9
31 Mar 2021 01:03:52 GMT9

経済産業省が31日発表した2月の鉱工業生産指数速報値(2015年=100、季節調整済み)は95.7となり、前月比2.1%低下した。世界的な半導体不足で自動車生産が減少したことが響き、2カ月ぶりに下落した。生産の基調判断は「持ち直している」に据え置いたが、先行きは半導体大手ルネサスエレクトロニクスの火災が下振れ要因になる。

同月の生産は15業種中11業種で低下。自動車は2月の福島県沖地震による部品供給停止や世界的な半導体不足で生産が滞り、8.8%の大幅減となった。電気・情報通信機械はエアコンなどが振るわず、2.9%下落した。 

出荷は12業種で低下し、全体で1.5%のマイナス。普通乗用車や自動車部品の出荷が減ったことが影響した。在庫も自動車など8業種で減り、1.0%低下した。

生産予測は3月が1.9%低下、4月は9.3%上昇と見込んだが、経産省は「新型コロナウイルスの感染動向やサプライチェーン(部品供給網)の状況を注視していく必要がある」としている。ルネサスの那珂工場(茨城県ひたちなか市)で19日に発生した火災の影響も、今後の生産を下押しする可能性があるとみている。

JIJI Press

特に人気
オススメ

return to top