Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • アルウラ王立委員会が、官民パートナーシップのための150億ドルの基本計画を確認

アルウラ王立委員会が、官民パートナーシップのための150億ドルの基本計画を確認

ジャーニースルータイム マスタープランが最近モハメッド・ビン・サルマン皇太子によって発表された。(供給)
ジャーニースルータイム マスタープランが最近モハメッド・ビン・サルマン皇太子によって発表された。(供給)
当プロジェクトには既に約20億ドルが投資され、また32億ドルが優先度の高いインフラに費やされる予定だ。(供給)
当プロジェクトには既に約20億ドルが投資され、また32億ドルが優先度の高いインフラに費やされる予定だ。(供給)
総額150億ドルのアルウラ マスタープランが2023年、2030年、2035年の3フェーズで展開されれる(供給)
総額150億ドルのアルウラ マスタープランが2023年、2030年、2035年の3フェーズで展開されれる(供給)
民間部門参加がプロジェクトに参加する最初の機会の1つは、ホスピタリティ部門だ。(供給)
民間部門参加がプロジェクトに参加する最初の機会の1つは、ホスピタリティ部門だ。(供給)
Short Url:
28 Apr 2021 11:04:21 GMT9
28 Apr 2021 11:04:21 GMT9
  • アルウラ王立委員会は、150億ドルのマスタープランへの参加に向けて、潜在的な個人投資家やホスピタリティブランドと協議中

シェイン・マクギンリー – ドバイ

サウジアラビアは、アルウラ歴史地区の開発のための初期シード資金として20億ドルを投資した。

また、官民パートナーシップからさらに得ることができる32億ドルは、2023年のプロジェクトのフェーズ1の完了に先立ち、優先インフラストラクチャへの支出に割り当てられていると開発を監督する最高経営責任者がアラブニュースに語った。

「私たちは第一段階の実行に達しています。この中には、すでに完了した空港の改良も含まれています。また、低炭素型路面電車の開発インフラも開始します。また、これまでのところでは、遺産と自然の敷地にある来訪者体験センターがアップグレードされています」と、2017年7月にサウジアラビア財務省が設立した、敷地の開発を管理する団体であるアルウラ王立委員会(RCU)のCEOであるアムル・アルマダニ氏は述べる。

このプロジェクトにはすでに約20億ドルが投資されており、優先的なインフラ整備に32億ドルが投入される予定だ。これには、46キロの低炭素型路面電車システムのうち最初の22キロ、再生可能エネルギーネットワークの開発、給水システムと廃水処理プラントのアップグレードなどが含まれている。

150億ドルを投じるアルーラのマスタープランの全体は、2023年、2030年、2035年の3期に分けて開発される予定だ。リヤドから1100kmに位置するアルウラは、緑豊かなオアシスの谷間、砂岩の山々、そしてサウジアラビア初のユネスコ世界遺産であるヘグラを含む古代文化遺産からなる2万2561平方キロメートルの地域だ。

ヘグラは52ヘクタールの古代都市で、ナバタイ王国の主要な南方都市であり、砂岩に切り取られた精巧なファサードを持つ約100の墓で構成されている。

最近、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子が「ジャーニー・スルー・タイム・マスタープラン」を発表した。2035年の完成時には、3万8000人の新規雇用を創出し、年間200万人の観光客を呼び込み、この地域の人口を13万人に拡大し、王国経済に320億ドルを貢献することを目指した開発プロジェクトだ。

「私たちは(投資)市場に参入しています。また、すでに複数の投資会社やファンドストラクチャーと積極的に関わっています。これらの投資案件のビジネスプランは、投資家にとって、より現実的なものになってきています。これは投資家とのインタラクティブな旅であり、オンラインポータルでは、すべての投資家に登録していただき、今日からでも参加していただけるようにしています」とアルマダニは付け加えた。

このプロジェクトへの民間参加の最初の機会のひとつは、ホスピタリティ分野だ。完成時には総数9400室のホテルが建設される予定で、10月には最初のリゾートの建設が開始される予定だ。

「民間企業が参加する重要な要素として、想定される旅行者数に対応するため、(第1段階で)約1000の客室数が必要になると考えています」

「私たちは、今年市場にオープンされる200室の(ホテル)に投資しています。現在、民間企業がすでに別の150室に参加しており、大きなチャンスと言えます」とアルマダニは述べる。

アコー/バンヤンツリーやハビタスなどの国際的なホスピタリティブランドがすでに参加を表明しており、今年末までにさらに追加される予定だという。

「実は、少なくとも2〜3社のユニークなホテルオペレーターと交渉中です。コンテンツマネジメント契約で十分な合意が得られない限り、実際に名前を挙げることはできませんが、大手からユニークなネイチャーリゾートの運営会社まで、関心の高さは折り紙つきです」

「アルウラにふさわしい高級ブランドを持つ大手ホテルチェーンのうち、少なくとも2社は今年末までに発表されるでしょう」とCEOは付け加えた。

これまでのところ、初期投資の大半は国内企業によるものだったが、プロジェクトが具体化してくると、国内の開発者や投資家との提携の下、海外の企業も参入してくるだろうとアルマダニは述べた。

「一般的には、計画の信頼性が重要だと思います。一貫性があるかどうか、ビジョンが明確かどうかを人々は確認したいと考えますが、同時にデリバリーも重要な要素です」

「確かに、地元の市場では投資意欲が急速に高まっています。サウジアラビアの民間部門の投資能力は小さくなく、世界の投資においても主要なプレーヤーです。最初のものは国内のものになると思いますが、海外からの参加も多く、すぐに国際的なファンドが役割を果たすようになると思います」と彼は付け加えた。

アルーラの考古学・保存学研究の世界的拠点である王立研究所は、この遺跡で大規模な発掘調査を行い、今週、重要な考古学的発見を発表した。これまで知られていなかった1000本以上のムスタティルが発見されたのだ。ムスタティルとは、アラビア語で長方形を意味し、古代の石造りの壁構造のことだ。

ムスタティルの研究はRCUアルウラ王立委員会の優先課題であり、その発見過程は現在、ディスカバリーチャンネルのドキュメンタリーシリーズのテーマとなっている。古代遺跡の発掘と商業開発が並行して行われることは、困難を伴うかもしれないが、アルマダニは、このプロジェクトに取り組む上で最もエキサイティングな要素の一つであると述べている。

「この素晴らしい文化的景観の可能性を実現し、それを生きた博物館として世界に発信し、同時に住民には新たな経済的機会を、旅行者にはユニークな体験を提供すること、これらすべてを統合的に実現することが、今日、私たちがマスタープランを楽しみ、祝い、世界と共有するための課題なのです」と彼は述べる。

「正しく開発することが重要です。開発は自然を犠牲にして行われるものだという固定観念を打ち破らなければなりません。開発が実際には付加価値を生むことであり、プラスであるようにするにはどうすればいいでしょうか?私たちが開発している場所にとってプラスになるのです」

「文化や遺産、その土地の人々を尊重した、持続可能な開発の新しいモデルを世界に発信することに興奮を覚えています」

特に人気
オススメ

return to top