Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 3月、サウジの銀行の総利益が14%上昇

3月、サウジの銀行の総利益が14%上昇

サウジの銀行と王国で営業する外国銀行の将来の展望は明るいままであり続ける見通しである。(Shutterstock)
サウジの銀行と王国で営業する外国銀行の将来の展望は明るいままであり続ける見通しである。(Shutterstock)
Short Url:
01 May 2021 09:05:05 GMT9
01 May 2021 09:05:05 GMT9
  • そのデータは11の上場銀行と王国で営業しているいくつかの外国銀行を対象としている

Rashid Hassan

リヤド:サウジ中央銀行(SAMA)のデータによると、ザカート・税込み総純利益は40億2000万サウジリヤルにのぼり、前年の35億3000万サウジリヤルに対して14%の上昇をしたと、サウジアラビア上場銀行が報告したという。

そのデータは11の上場銀行と王国で営業しているいくつかの外国銀行を対象としている。

ファイナンシャルニュースポータルArgaamによると、3月の銀行の総資産は前年比で11%以上増の3兆350億サウジリヤル、同月の総合預金は前年度比で9%増の1兆9800億サウジリヤルだったのに対し、同月末の民間部門への貸付金は前年度比で15%増の約1兆8710億サウジリヤルであったという。

ファイナンシャルアナリストで銀行取引の専門家であるTalat Zaki Hafiz氏は、アラブニュースに対し、次のように語った。「サウジの銀行によって報告された総純利益が14%の上昇を示した明白な理由は、COVID-19パンデミックのためにサウジ政府がウイルス拡散防止措置として昨年の3月から5月にかけて実施した、70日以上にわたる長期間の(局所的・全面的)ロックダウンを経て、銀行取引部門が晴れて通常営業に戻ったことです。」

ロックダウンの期間中、サウジの銀行は通常通り顧客対応していたが、期間中には、サウジアラビア全土で総計2000店を超える支店のうちたったの25%のネットワークキャパシティを稼働させていたというのが実情の日々であった。

サウジの銀行は、テクノロジーと電子決済を活用し顧客対応を効率的に行っていて、この事実は、2019年7月末までの小売部門―個別小売決済におけるインターネット決済の割合が、利用可能なすべての決済のうち36%以上を占め、サウジビジョン2030の重要なプログラムのうちの一つであるファイナンシャル部門開発プログラム(FSDP)の目標数値を超えていることもまた示している、SAMAのレポートから明らかであると、彼は強調した。

FSDPは2020年までにキャッシュレス取引のシェアを28%まで拡大することを取り決めていると、彼は付け加えた。

「この成果は、SAMAの決済システム戦略と、インターネット決済を強化し、王国における現金取り扱いを2030年までにすべての決済方法の70%に削減することを目標としているFSDPに基づくものです」とHafiz氏は言った。

SAMAはまた国の決済システムである「Mada」を通したインターネット決済に見られる記録的な上昇率はMadaの戦略的計画の結果であると指摘している、と彼は付け加えた。

Mada Atheer(NFC)サービスの立ち上げは、特にモバイル決済サービスの導入後、インターネット決済の強化に大きなインパクトを与えた。

「これらの前向きな指標は、インターネット決済を推進する政府組織とのSAMAの持続的な協調のみならず関連民間サービス提供者の参加による、地域銀行取引部門と協調した、電子チャネルの利用をサポートするSAMAの努力の結果です」と彼は付け加えた。

リヤドの行政研究所で経済法の顧問と教授を務めるOsama Ghanem Al-Obaidy博士は、アラブニュースに対しこう語った。「サウジの銀行と王国で営業する外国銀行における純利益の増加は、一つには、公共投資ファンド(PIF)の計画により受託業者に追加の仕事が与えられ、中小企業(SME)に信用を与えられたことで、2021年に企業の信用が大幅に上昇したことによります。」

彼はこう述べた。「サウジの銀行と王国で営業する外国銀行は、他の地域の銀行よりも優れています。これはサウジの貸付残高と抵当貸付の高い成長の実現におけるパンデミックの影響が比較的小さいことを反映しています。」

サウジの銀行と王国で営業する外国銀行の将来の展望は明るいままであり続ける見通しであると、彼は付け加えた。

純利益におけるこの上昇はまた、低い減損と高い手数料によっており、それはサウジ経済のパンデミックの打撃からの復活力と回復を示していると、彼は結論付けた。

「サウジの銀行はまた、高い実質手数料の収益による、総営業利益の上昇から利益を得ており、関連収益と銀行取引の高い手数料を運用してきました。また、ナショナル・コマーシャル・バンクとサンバ・フィナンシャル・グループの合併といったサウジの銀行間における合併は、そうした利益を高めるのを助けるでしょう」とAl-Obaidy氏は述べた。

特に人気
オススメ

return to top