Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ソフトバンク孫氏、東京五輪開催に「懸念」示す

ソフトバンク孫氏、東京五輪開催に「懸念」示す

孫氏はCNBCに対し「日本のみならず、他の国々にとっても、東京五輪を開催することを恐れている。多くの国々は重大で厳しい状況下にある。どのように代表選手を派遣できるのか。」と述べた。
孫氏はCNBCに対し「日本のみならず、他の国々にとっても、東京五輪を開催することを恐れている。多くの国々は重大で厳しい状況下にある。どのように代表選手を派遣できるのか。」と述べた。
Short Url:
13 May 2021 09:05:02 GMT9
13 May 2021 09:05:02 GMT9

東京:ソフトバンクグループ会長の孫正義氏は火曜日、新型コロナウィルス感染拡大の中、東京でオリンピックが開催されることについて、日本、また、選手を派遣する国々の双方に懸念を示した。

日本で最も著名な経営者の一人である孫氏の発言は、国内感染者数の増加とワクチン供与のスピードの遅さが懸念される中、日本政府が東京五輪開催を推し進めることを表明したことを受けてのものだ。

孫氏はCNBCに対し「日本のみならず、他の国々にとっても、東京五輪を開催することを恐れている。多くの国々は重大で厳しい状況下にある。どのように代表選手を派遣できるのか。」と述べた。

孫氏はこれまで、日本政府の新型コロナウィルス対策の失敗を指摘し、ソフトバンクは独自の検査施設を設置するなどしてきたが、今回の発言で初めて、東京五輪の実現についての懸念を明確に表明した。

世界最大のスポーツイベントである五輪の開催まで10週間を切る中、国民は日常生活での行動の制限を求められており、東京五輪は国民からの支持低迷にあえいでいる。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top