Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 原油は小幅な値動き 投資家はイラン輸出再開の可能性を注視

原油は小幅な値動き 投資家はイラン輸出再開の可能性を注視

BP社の北海油田プラットフォームETAPの一部(ロイター)
BP社の北海油田プラットフォームETAPの一部(ロイター)
Short Url:
26 May 2021 06:05:26 GMT9
26 May 2021 06:05:26 GMT9
  • 原油在庫は21日までの週に43万9000バレル減少
  • 米国とイランの間接協議がウィーンで再開

東京: 26日の原油価格は小幅な値動きとなった。イランの輸出再開による供給過剰への懸念は、API=米石油協会による週間在庫統計の減少を受けた米燃料需要の高まりへの期待感に打ち消されたかたちだ。

ブレント原油先物7​月限は、GMT0102時点で、5セント(0.1%)高の1バレル=68.7ドル、米WTI原油先物7月限は、2セント下落の1バレル=66.05ドルだった。

25日はいずれの指標も小幅な上昇となり、1週間ぶりの高値となった。北半球は夏のドライブシーズンの到来を控え、新型コロナウイルス規制の解除も見込まれることから、燃料需要の高まりが期待された。

2人の市場関係者が25日のAPIの数値を挙げ、先週の米国の原油・燃料在庫の減少について言及した。

市場関係者の挙げたデータによれば、 原油在庫は21日までの週に43万9000バレル減少した。ガソリン在庫は200万バレル減、留出油在庫は510万バレル減となった。

「APIのデータは良好だが、投資家はイラン協議の行方をさらに注視している。イランの原油輸出再開が実現すれば、影響はより大きいからだ」とフジトミの情報サービス室チーフアナリストの齋藤和彦氏は指摘する。

イラン政府のアリー・ラビーイー報道官は25日、イラン核合意の再建に向けた主要各国との協議において、早期に合意に達することを楽観視していると述べた。ただし、交渉に臨んでいるイランの高官は重大な問題がまだ残っているとして慎重な姿勢を示している。

イランとIAEA=国際原子力機関がイランの核施設に対する査察期限の延長に合意したことを受けて、今週、米国とイランの間接協議がウィーンで再開した。

イランと主要各国は問題の解決に向けて、4月からウィーンで交渉を行っている。イランと米国の両政府は2015年のイラン核合意の完全履行、米国の復帰と制裁解除に向けて、問題の解決に取り組む必要がある。

専門家は交渉が妥結し制裁が解除されれば、イランによる原油供給の増加分は日量100万~200万バレルにのぼると見込んでいる。

topics
特に人気
オススメ

return to top