Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 4月のUAEからの原油輸入が大幅増加、サウジは減少

4月のUAEからの原油輸入が大幅増加、サウジは減少

Short Url:
01 Jun 2021 06:06:49 GMT9
01 Jun 2021 06:06:49 GMT9

カルドン・アズハリ

東京:経済産業省所属の資源エネルギー庁のデータによると、日本の2021年4 月次の原油輸入相手国は、UAE(アラブ首長国連邦)が3131万 バレルで全体の39.3%を占めトップとなった一方、サウジアラビアは2627万 バレルで33.6%となった。

日本の同月の原油輸入量は合計7958万 バレルで、そのうちの91.8%にあたる7307万バレルが中東の7か国からの輸入となっている。

内訳を見ると、カタールからが全体の9.5%にあたる759万 バレル、クウェートが614万バレルで7.7%、バーレーンからは全体の1.7%にあたる132万 バレルが輸入された。

4 月に日本で消費された石油のその他 8% は3 大陸6 か国からの輸入で、ロシアが255万 バレルで総輸入量の3.2%だった。

テヘラン主導の石油エネルギー企業は昨年から米国の制裁措置を受けている。制裁以前は、イランが日本の石油需要の約5%を供給していた。

統計の数値は、2021年4月の1か月間に日本の港にある製油所、タンク、倉庫に到着した原油の量を表している。

特に人気
オススメ

return to top