Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア経済が予想以上のスピードで成長に向かう:ゴールドマン・サックス

サウジアラビア経済が予想以上のスピードで成長に向かう:ゴールドマン・サックス

米国の投資銀行ゴールドマン・サックスは、今年のサウジアラビアの経済成長率について、推定値を大幅に引き上げた。 (ロイター/ファイル)
米国の投資銀行ゴールドマン・サックスは、今年のサウジアラビアの経済成長率について、推定値を大幅に引き上げた。 (ロイター/ファイル)
Short Url:
16 Jun 2021 04:06:26 GMT9
16 Jun 2021 04:06:26 GMT9
  • 米国の投資銀行ゴールドマン・サックスによると、サウジアラビアの経済活動が製造業、金融業、建設業で活況を帯びている

フランク・ケイン

ドバイ:米国の投資銀行ゴールドマン・サックスは、今年と来年のサウジアラビアの経済成長率について、推定値を大幅に引き上げた。石油価格が急騰し、サウジアラビアの原油生産量が増大しているためだ。

ゴールドマン・サックスのアナリスト、ファルーク・スーサ氏によると、GDP(国内総生産)は今年4.5%、2022年には7%に達して大半の予測を上回り、特に製造業、金融業、建設業においてサウジアラビアの経済活動が活況を帯びていると  いう。

「石油価格が1バレル$70を優に上回っており、石油部門へのリスクが大幅に上向いていると考える。また、サウジアラビアの原油生産量は今年の年末までに1日50万バレルから1,000万バレルへと増大し、2022年には平均1,050万バレルに達するものと予測を修正した」とスーサ氏は言う。

この新たな予測は、サウジアラビア経済が2021年から一気に回復へ向かっていることをさらに裏付けている。年明け時点では、サウジアラビアの財務省による今年度の成長率は3.2%とされており、パンデミックによる2020年の低迷を挽回していくという予測だった。国際通貨基金は2ヶ月前にわずか2.1%という成長率を予測していた。

スーサ氏の楽観的な見方は、当局が発表した2020年第1四半期に対する詳細な数字に基づいている。

スーサ氏によると、サウジアラビアの消費者による国内需要に大きな回復が見られるという。これはロックダウンによる不況で国民の出費が抑えられてきたが、現在その反動から「総資本の急増」が起きているためだという。COVID-19のパンデミック発生以来、個人消費がはじめて上向き始めている。

輸出低迷の影響は今なお感じられており、それは今年上旬にサウジアラビアが自主的に石油の輸出を削減したことを反映している。「 対外勘定が今も経済成長全体の足を引っ張っている」とスーサ氏は言う。

東アジア、ヨーロッパ、米国における主な経済ブロックを中心に世界的な需要が回復するにつれて、今年後半サウジアラビアが石油の生産と輸出を大幅に増大させると考える専門家もいる。

特に人気
オススメ

return to top