Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビアとオマーン、石油市場における連帯を呼びかけ

サウジアラビアとオマーン、石油市場における連帯を呼びかけ

サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、オマーンのスルタン・ハイサム・ビン・ターリク国王をサウジアラビアで歓迎した。(提供)
サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、オマーンのスルタン・ハイサム・ビン・ターリク国王をサウジアラビアで歓迎した。(提供)
Short Url:
13 Jul 2021 12:07:11 GMT9
13 Jul 2021 12:07:11 GMT9
  • 両国は、石油市場の安定化に向けた「OPECプラス」の取り組みを称賛した。

アラブニュース

リヤド: サウジアラビアとオマーンは、石油市場の安定化のために、石油輸出国機構(OPEC)と他の産油国の間の協力関係を継続することを求めている。

OPECと非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」は先週、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)の間で今後の石油生産量戦略をめぐって相違が生じたため、「OPECプラス」の協議が延期された。

サウジアラビアとオマーンは「OPECプラス」の構成国であり、ロシアもこれに参加している。

オマーンの指導者であるスルタン・ハイサム・ビン・ターリク国王は、昨年の即位後初めて、日曜日にサウジアラビアを公式訪問した。

両国は、新型コロナウイルスの感染流行に伴う原油需要が減少する中、「OPECプラス」が石油市場の安定化に尽力したことを称賛した。

サウジ通信社により報じられた声明によると、両国は「石油市場の安定を支えるための連携を継続する必要性を強調した」。

また両国は、温室効果ガス排出から生じる課題に対処するため、20か国財務大臣・中央銀行総裁会議(G20)の循環型炭素経済アプローチの実施における連携を強化することを歓迎した。

月曜日の原油先物の指標は後退し、ブレント原油は約1%減の1バレルあたり74.82ドル、米国のWTI原油(ウエスト・テキサス・インターミディエイト)の指標価格は同程度の下げ幅の1バレルあたり73.81ドルとなった。

特に人気
オススメ

return to top