Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • サウジアラビア、「影の経済」に対応した電子請求書スキームの展開を準備中

サウジアラビア、「影の経済」に対応した電子請求書スキームの展開を準備中

また、電子請求書は、中小企業(SME)の公正な競争を支援することにもなる。(ロイター)
また、電子請求書は、中小企業(SME)の公正な競争を支援することにもなる。(ロイター)
Short Url:
11 Sep 2021 08:09:22 GMT9
11 Sep 2021 08:09:22 GMT9
  • サウジアラビアにおける「影の経済」による損失は年間1070億ドルに上る

モハメド・アル・キナ二

ジェッダ:ZATCA(ザカート、税金及び税関機関)によると、サウジアラビアの電子請求書プロジェクト『Fatoorah』の第1段階は、3ヶ月以内に開始される予定である。

このプロジェクトは、サウジアラビア経済にとって、商業活動における隠匿行為や、年間4000億サウジ・リヤル(1070億ドル)もの損失を出している「影の経済」への対応など、大きなメリットがあると考えられている。

この新たな規制により、買い手と売り手はデジタル化されたシステム上で、請求書、クレジットノート、デビットノートのやりとりと処理をスムーズに行うことができるようになる。

サウジアラビアの金融アナリストであるタラット・ザキ゚・ハフェズ氏によると、このプロジェクトは、『影の経済』を抑制し、商業活動における隠匿行為に取り組むことで、国民経済に目に見える改善を与えることが期待されています」という。

プロジェクトマネージャーのアブドゥラー・アル・ファントゥク氏によると、この電子請求書のスキームは2つの段階に分けて実施されることとなっており、第一段階は今年の12月4日に実施される予定である。

同氏は、「第一段階では、必要なデータフィールドを備え税務に準拠した電子システム上で、税金の請求書や注記を作成し、保存することができます」と述べた。

また、第2段階では、納税者情報をこの電子システムに読み込み、納税者が関連する電子請求書サービスにアクセスできるようにすることに焦点を当てると、アル・ファントゥク氏は語った。

そして、「ZATCAは、納税者に電子請求書(Fatoorah)の非専門的な概要と要件を提供し、第一段階への準備を促進することを目的としています」と加えた。

このプロジェクトは、サウジアラビア政府が以前に発表した商業取引の規制強化に沿ったものである。この規制強化により、商業取引の違反者に対し厳しい罰則が導入された。

しかし、ハフェズ氏によると、この制度は企業にとって他のメリットもあるとし、このように述べた。

「また、電子請求書は、支払い手続きの短縮、勘定照合の改善、コンプライアンスの強化、必要な物理的保管スペースの削減にもつながります。」

また、中小企業(SME)の公正な競争を支援することにもなる。

特に人気
オススメ

return to top