Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ファッション、お金、パワー、持続可能性:新しいFIIへようこそ

ファッション、お金、パワー、持続可能性:新しいFIIへようこそ

火曜日、リヤドで開かれたフューチャー・インベストメント・イニシアチブに出席したサウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下。(SPA)
火曜日、リヤドで開かれたフューチャー・インベストメント・イニシアチブに出席したサウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下。(SPA)
Short Url:
27 Oct 2021 02:10:41 GMT9
27 Oct 2021 02:10:41 GMT9
  • ビジネス界の有力者たちが、大きな問題を解決する方法をグローバルレベルで議論し、ブレインストーミングしている

ウェル・マージ

リヤド:火曜日、フューチャー・インベストメント・イニシアチブ・フォーラムがリヤドに戻ってきた。前回のこの都市での開催から2年ぶりだ。大型契約のチャンスを狙って世界中から有力者や富裕層が集まるのが恒例になっている。

だが今年の第5回フォーラムは様子が異なる。大型契約について話すことはなく、代わりに、力を持った参加者たちが、人類に恩返しをし、グローバルレベルで大きな問題を解決する方法について議論した。議題は持続可能性と人類への投資だ。

パンデミックの影響で1年の延期を経てのFIIの再開は、少なくとも深い変革が進んでいるサウジアラビアにおいて最悪の時期は去ったというしるしだ。

リヤドはもはや内輪の言語で語っていない。グローバルな言語で語っている。「地球を救う」、「持続可能性」、「二酸化炭素排出量削減」、「より良い世界に向けて企図する」などだ。

今年のフォーラムの開催にあたり、サウジアラビアの関係者は強いメッセージを確実に届けたいと考えていた。そして、オープニングで人気歌手グロリア・ゲイナーに彼女の名曲「恋のサバイバル」を披露してもらうのが最善の手段だと判断した。

世界も、サウジアラビアも、パンデミックを生き抜いてきた。ワクチンの緊急開発からイスラム教徒がモスクに集まって祈るのを禁止することまで、あらゆる厳しい決断と措置を行ってきた。

ブラックロックやブラックストーンのような大手の資産運用会社が、大規模な取引以外の目的で何かを行うとは想像しがたいかもしれないが、それぞれのトップであるラリー・フィンク氏とスティーブン・シュワルツマン氏は、フォーラムで不平等や未来の世代などのテーマについて対話している。

とはいえ、これまでのFIIと同じ面もある。廊下はおしゃれなスーツやドレス姿の人々で埋め尽くされ、何兆ドルもの資産をまとめて管理するような世界最強のプレーヤーたちが集まるイベントであることは変わらない。

女性のエンパワーメントもまた注目のテーマだ。ブラックストーンの共同創設者であるシュワルツマン氏が、会社が女性の採用に苦労してきたことを率直に話したのは意外だった。

彼は、火曜日に開かれたオープニング・パネルディスカッションで「金融業関係者の例にもれず、女性の雇用には相当苦労してきました」と話した。「男性中心のビジネスだったためです。そこで2015年に変化を起こす決断をしました」

「状況分析から、女性がブラックストーンに応募していないことに気づきました。原因を調べたところ、女性たちは当社を恐れていたのです。私自身は怖くないと思うのですが」

フォーラムのオープニングでは複数の女性が講演を行ったが、8人のパネルではサンタンデール銀行のアナ・ボティン会長が唯一の女性だった。

イベントの第1日の閉会前に、サウジアラムコがさらに持続可能で環境にやさしい企業を目指す一環となる契約を発表した。

確かに世界は変化している。

特に人気
オススメ

return to top