Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • トヨタ、日本の車両メーカーと代替燃料を共同開発すると発表

トヨタ、日本の車両メーカーと代替燃料を共同開発すると発表

トヨタは2025年までにEVを15車種投入することを計画しており、バッテリー生産能力を拡大するために今後10年間で135億ドルを投資する。しかし同時に、水素を動力とする車両の開発は継続している。
トヨタは2025年までにEVを15車種投入することを計画しており、バッテリー生産能力を拡大するために今後10年間で135億ドルを投資する。しかし同時に、水素を動力とする車両の開発は継続している。
Short Url:
13 Nov 2021 05:11:50 GMT9
13 Nov 2021 05:11:50 GMT9

岡山:トヨタ自動車は土曜日、他の日本の車両メーカー4社と連携し、水素とバイオマス由来の合成燃料を含む、内燃機関自動車用代替グリーン燃料の実現性を探求すると発表した。

トヨタに加えマツダ、SUBARU、ヤマハ発動機、川崎重工の5社は、トヨタが水素エンジン車で参戦中の西日本の岡山にあるレース会場で発表を行った。

その水素エンジン車のドライバーは、トヨタの豊田章夫社長をはじめとするトヨタのドライバーたちである。

内燃機関エンジンから水素などのグリーン燃料への転換は技術的には困難だが、それによって5社は大勢の人々を雇用する何十年も存続するサプライチェーンを維持できるようになる。さもなければ、電気自動車(EV)の製造に切り替わった際に彼らを解雇しなければならない可能性もある。

世界の国々が炭素排出量削減規制を強化する中、トヨタを含む自動車メーカーはEVの生産を強化している。日本は2050年までにカーボンニュートラル実現を目指すことを表明しており、水素燃料の使用を促進している。

トヨタは2025年までにEVを15車種投入することを計画しており、バッテリー生産能力を拡大するために今後10年間で135億ドルを投資する。しかし同時に、水素を動力とする車両の開発は継続している。

Reuters

特に人気
オススメ

return to top