Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 第42回GCC首脳会議、安全保障と戦略的関係が最重要議題に

第42回GCC首脳会議、安全保障と戦略的関係が最重要議題に

アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席するためリヤドに到着した。(SPA)
Short Url:
15 Dec 2021 01:12:44 GMT9
15 Dec 2021 01:12:44 GMT9
  • 会議では、2015年に最高理事会で承認されたサルマン国王のビジョンの実行について議論される
  • 首脳会議に先立ち、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は全加盟国を訪問し、連携を強化した

ロジエン・ベン・ガッセム

リヤド:アラビア湾岸諸国の首脳らは火曜日、リヤドに到着した。第42回湾岸協力会議(GCC)首脳会議に出席し、域内の協力関係の強化や統合への道を模索する。

ムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、まず副首相率いるオマーンの代表団を迎え、その後、UAEの副大統領でありドバイ首長のシェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム殿下をサウジアラビアの首都に迎え入れた。

皇太子はその後、クエートのミシャール・アル・ジャービル・アル・サバーハ皇太子、カタールのタミーム・ビン・ハマド・アール・サーニ首長、バーレーンのハマド国王がリヤドに到着する際に出迎えた。

サウジアラビアは議長を務める。首脳会議に先立って、先週サルマン皇太子はアラビア湾岸諸国を歴訪した。会議では集団安全保障や地域紛争、地域の発展について議論する。

サウジアラビアのファイサル・ビン・ファルハーン外相は先に、この首脳会議はデリケートでセンシティブな時期に開催されると述べた。地域の安全保障が重要な議題となる。

この首脳会議は、アラビア湾岸諸国の経済、商業、教育、文化の各分野における統合や相互依存の強化の進捗状況について議論し、それぞれの国と人々の発展を強化するため毎年開催されている。

1981年2月9日、第1回GCC首脳会議で、サウジアラビア、バーレーン、クエート、カタール、オマーン、UAEのアラビア湾岸諸国6カ国による湾岸協力会議の設立文書に各国外相らが調印した。これは、将来の目標にフォーカスした最も成功した地域グループの1つと考えられている。

「GCCは、アラビア湾岸諸国の人々の安全、安定、発展、繁栄、幸福を促進するために設立されました。彼らは我々の基本的な財産であり、彼らを通じて我々のビジョンと希望を達成するのです」とサルマン国王は述べた。

数字で見ると、GCCは68の湾岸法令と116の湾岸指標法令を統一することに成功した。また、技術や経済協力に関する湾岸共同機関が42、GCCの傘下で活動する湾岸組織が26設立されている。さらに、17の共同開発協定と戦略にも合意している。

「アラビア湾岸諸国は常に協調と協力を強化し、あらゆる分野で経験を交換しようとしています」と、サウジアラビアのアブドゥラー・アル・アンジ駐オマーン大使はアラブニュースに語った。

過去40年間、GCCは41回の年次サミット、4回の臨時サミット、17回の協議サミット、5回の共同サミットを開催してきた。

世界的なパンデミックの中、GCC諸国は世界で最も安全な30ヵ国の上位にランクインしている。

「GCCの歴史を通して達成されたことは、我たちの誇りとなっています」と、シェイク・ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーンUAE大統領は述べた。

大統領はさらに、「分断された者や弱者に慈悲を示さない時代において、アラビア湾岸諸国が1つになるための結束力は、私たちの国や人々を結びつける愛情と協力があれば十分高めることができると信じています」と述べた。

また、社会情勢もGCC諸国首脳の関心を集めている。2002年のドーハでの第23回GCC首脳会議では、GCC諸国の女性のエンパワーメントに関する見解が示され、女性の経済的、社会的、家庭的な役割について確認された。

GCCは設立以来、様々な分野で成果を上げている。話し合いでは、女性の参加を強化し、女性の役割を支援し、女性が効果的に参加し、社会の発展に影響を与えられるようにすること、また、イスラムやアラブの価値観や原則を強調しつつ、指導的地位や意思決定プロセスの一翼を担うことができるようにすることの必要性に焦点が当てられてきた。

GCCは、ビジュアルアート、ナレーション、詩、映画、演劇、音楽、遺産、クリエイティビティなどの文化的分野におけるいくつかの活動を支援した。

政治的な協力の面では、外交政策の調整がGCCの活動の本質的な側面の1つだ。これはいくつかの原則に基づいている。例えば、良い隣国であること、内政不干渉、国家の主権、政治的独立、領土保全の相互尊重、紛争解決の手段としての平和的対話の原則を採用することなどだ。

バーレーンのハマド・ビン・イーサ・アル・ハリーファ国王は、「GCCは、その到達した驚くべき統合に照らすと、もはや私たちの国民の利益を高めるためだけのツールではなく、地域の危機に対する国々のソリューションや政治的イニシアチブの開発における効果的役割を通じて、域内外の安全と平和の確立に取り組む地域のモニュメントです」と述べている。

実際、GCCは外交政策において多くの成功を収め、アラビア湾岸諸国の安全と安定の維持、アラブとイスラムの大義の支援と奉仕に貢献することができたと言えよう。

中でも最も重要なのは、クエートの解放、パレスチナの大義への支援、そしてシリア、イラク、イエメン、レバノン、リビアの安定と統治の支援だ。

アラビア湾岸諸国間の軍事協力は、防衛や治安部隊の構築・発展における凄まじい作業が特徴だった。協力関係は会議の設立以来、質的にも量的にも発展してきた。

オマーンのハイサム・ビン・ターリク・アル・サイード国王は、「私たちは、兄弟であるGCC諸国首脳とともに、国民の希望を実現し、GCCの成果を押し進めるために、国家間の協力プロセスを進めることに貢献し続けていきます」と述べた。

GCC諸国のための合同軍事力の存在は、GCC諸国を守るための安全保障を提供し、その独立を守り、その能力と利益を保護することを目的とした共同防衛システムを確立するための重要な基礎の1つだ。

1982年、アラビア湾岸諸国は、GCC加盟国に対する軍事的侵略を抑止し、対応するための合同軍事力であるペニンシュラ・シールド・フォースを結成した。

GCCの活動の過程では、安全保障協力のために多くの協定、覚書、同意書への調印がされてきた。

安全保障の調整と協力の様々な分野で、いくつかの専門委員会や技術作業チームが結成され、アラビア湾岸諸国の安全保障協力のプロセスを支援し強化するための多くのセンターやミッションが設立されてきた。

統一はGCCの主要目標の1つだ。第41回首脳会議(スルタン・カブース、シェイク・サバーハ首脳会議)では、カタールとの紛争に終わりを告げる「アル・ウラー声明」に署名し、運命共同体というテーマが強調された。

「アル・ウラー声明」は、加盟国間の結束力を高め、アラビア湾における共同活動を正常な軌道に確実に戻し、GCC諸国に対するいかなる脅威があろうともGCC諸国の人々の願望を実現することを目的としている。

カタールのシェイク・タミーム・ビン・ハマド・アール・サーニ首長は、「GCC諸国の統一と統合、および首脳間の協議と協力の強化は、地域の安全と安定の強化、および経済成長やあらゆる分野における協力関係の確立には必要不可欠な条件であり、これは人々や社会のコンセンサスの対象です」と述べた。

アル・ウラー首脳会議は、兄弟国家間の関係修復後のGCCの歴史の中で重要な出来事の1つと考えられている。

この声明は、「我々の国や人々の間の友情と兄弟愛の絆を強化し、その野望に奉仕するものです」と、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子殿下は先に述べた。

「我々は、我々の利益を維持し、人々の希望や願いを達成するために、アラビア湾とアラブの共同行動を支援することができると願っています。私は自国を守り、人々の幸福を実現するために全能の神アッラーにお祈りしています」と、クエートのシェイク・ナッワーフ・アル・アハマド・アル・ジャービル・アル・サバーハ首長は述べた。

第42回GCC首脳会議に先立ち、サウジアラビアの皇太子は前の週に他の5つのGCC加盟国をすべて訪問した。サウジアラビアとアラビア湾岸諸国の関係を強化するための最も重要な訪問の1つだった。

特に人気
オススメ

return to top