Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ウクライナ危機による供給網の混乱は、GCC諸国に食糧難ではなくインフレのリスク

ウクライナ危機による供給網の混乱は、GCC諸国に食糧難ではなくインフレのリスク

食品産業における保護貿易主義が広がり、世界的なサプライチェーンへの懸念が高まる中、多くの国が国内供給を確保するために必須食料品の輸出を停止し始めている。(シャッターストック)
食品産業における保護貿易主義が広がり、世界的なサプライチェーンへの懸念が高まる中、多くの国が国内供給を確保するために必須食料品の輸出を停止し始めている。(シャッターストック)
Short Url:
03 Apr 2022 09:04:50 GMT9
03 Apr 2022 09:04:50 GMT9
  • 湾岸地域は食料供給の85%近くを輸入しているが、最も食料安全保障の高い地域の一つである。

モナ・アラミ

リヤド:現在進行中のロシアとウクライナの戦争は、世界の食糧供給に大きな混乱をもたらした。エネルギーコストが上昇する中、輸入に大きく依存する一部の国々では食糧不安とインフレの恐怖が生じている。

国連食糧農業機関(FAO)の新しい発表によると、両国は小麦、トウモロコシ、ヒマワリ油などの世界的な輸出国トップ3にランクされている。

さらに、ロシアは農業ビジネスに欠かせない資材である肥料の主要輸出国のひとつでもある。

これらの混乱は、エネルギー価格の高騰による輸送コストの上昇と相まって、アラブ地域の多くの国々にとって食糧不安につながる可能性がある。

湾岸協力会議(GCC)市場をカバーする国際流通企業Imagine FMCGのマネージングディレクター、サーシャ・マラシリアン氏は次のように述べている。「ウクライナ危機により、最終製品(食品)に使用される原材料の入手が常に変化するという課題に直面している」

彼は、食品を輸出している国々は現在、原材料の輸出を停止したり、上限を設けたりしていると語る。「これは、特定の製品の供給不足と、需要と供給の力学による食品価格の大幅な上昇の原因となっている」

「私の見解では、あらゆる食品が影響を受けるだろう」と彼は付け加え、GCC諸国では今後18カ月の間に食品価格が17〜20%上昇する可能性があると強調した。

食品産業における保護貿易主義

食品産業における保護貿易主義が広がり、世界的なサプライチェーンへの懸念が高まる中、多くの国が国内供給を確保するために必須食料品の輸出を停止し始めている。

例えばロシアは3月14日、旧ソ連諸国への穀物輸出と砂糖の輸出の大半を一時的に禁止した。これは、ハンガリーが3月5日に穀物輸出の禁止を決定したことに続くものである。エジプトは、レンズ豆、小麦、小麦粉、パスタなどの戦略物資の輸出を3カ月間禁止した。

世界的な危機が深刻化する中、食糧生産国は必需品の在庫を確保するために輸出禁止措置をとっている。

燃料価格の高騰は、輸送・運送コストの上昇を招き、状況を悪化させている。「輸送コストは2年前に比べて4〜5倍になり、運賃も過去最高になっている」とマラシリアン氏は指摘する。

国際流通業者である同氏は、ラマダン後に現地の安全在庫が枯渇し始めれば、その影響は完全に価格に反映されると考えている。

「MENA地域で最もリスクが高い国は、レバノン、エジプト、イエメン、イラン、リビア、スーダンだ」と、世界のアグリビジネスの動向を監視・分析するGRAINの研究員、デブリン・クイエック氏は警告している。

アラブニュースの独占取材に応じたこの専門家は、サウジアラビアとオマーンは代替調達手段を持っているため、影響はそれほど大きくはないだろうと考えている。

食料サプライチェーンの混乱がもたらす影響は、各国の輸入品へのアクセスに左右される。「GCCにとっては、価格よりも供給の確保が問題だ」とクイエック氏は言う。

2007年の食料価格高騰の際には、食料生産国が国内の価格上昇を抑制するために輸出を禁止し始めたため、GCC諸国は必要な食料を、その価格とは無関係に、入手するのに苦労した、と同氏は強調した。

「もうひとつの疑問がある。これらの国々は、今後もロシアから調達し続けるのだろうか、ということだ」

ロシアはその量を減らしながらも輸出を続けている。モスクワとの関係が比較的良好なことから、MENA諸国の中にはロシアから穀物を調達し続けることができる国もあるかもしれない。

GCCは食糧安全保障を維持する

2007年に食料価格が高騰した際、GCC諸国は世界的な混乱に対応し、食料供給を維持・保護するために一定の措置を講じたという歴史がある。

アーカーム・キャピタルの株式調査担当シニアアソシエイト、アリーヤ・エル・フセイニ氏はアラブニュースのインタビューで、「これらの国の政府系ファンドはアフリカの農地を買い上げ、さらなる供給を確保することで食糧価格の上昇に対抗した」と語る。

それ以来、彼らは戦略的備蓄と現地生産能力の構築を開始し、それが今年の穏やかなインフレ率の数値に反映されていると彼女は述べている。

また、GCCは依然として食料供給の85%を輸入しているものの、世界的には最も食料安全保障の高い地域のひとつであると考えられている、と同研究者は述べている。

エル・フセイニ氏は、「新型コロナウイルスの大流行によって、食糧供給はすでに途絶え始めていた」と指摘した。

このため、地域政府は当時、農家や農業関連企業に対する財政的な免除や融資、厳しい封鎖期間中における農業従事者の移動制限の除外、包装や流通の支援など、食糧安全保障を守るための緊急措置を開始した、と彼女は説明している。

「この地域の補助金制度は、数年間インフレを維持するのに役立ってきたが、2016年以降は、多くの補助金が段階的に廃止されている。一方、一部の補助金はまだ残っており、価格上昇を緩和するために拡大されている」と彼女は付け加えた。

サウジアラビアは昨年6月、現地の燃料価格に上限を設けたという。これにより、輸送インフレは抑制された。しかし、彼女は、食料供給における他の主要カテゴリーの価格上昇を相殺するには不十分であると指摘した。

「サウジアラビアで2020年7月1日に5%から15%に引き上げられた付加価値税の一部撤廃は、物価をさらに抑制するための重要な措置の1つとなり得る。GCCが高い原油価格と比較的厳しい財政支出計画のおかげで財政黒字であることがその理由だ」と強調した。

GCC諸国が食糧危機を乗り切るためのその他の要因としては、長年にわたって他国に農業をアウトソーシングしてきたことが挙げられる。そのため、穀物商社をより直接的にコントロールすることができるようになっている。

研究者のクリスチャン・ヘンダーソン氏の論文、『土地収用の再検討:湾岸アラブの農産物チェーンと採取の空間(Land grabs reexamined: Gulf Arab agro-commodity chains and spaces of extraction)』によれば、GCC諸国は地元の人口需要を満たすために、アフリカやアジアの外国、そしてナイル流域のアラブ諸国において農地を取得してきた。

しかし、クイエック氏は、この特殊な戦略を完全な証拠と見なしているわけではないようだ。「他国での土地購入が、湾岸諸国の輸入需要のバッファになったとは思えない。海外プロジェクトの多くは、崩壊したり、軌道に乗らなかったりしている」

また、稼働しているプロジェクトも、海外からの輸出禁止という形で大きな課題に直面する可能性がある。GCCのメガファームを抱えるスーダンは、そのようなシナリオが起こりうる一例である。

それでもGCC諸国は、大手食品会社の株式を購入することで、さらに一歩踏み込んでいる。

「アブダビは昨年、穀物メジャー、ルイ・ドレフュス株式の45%を取得したが、この買収条件の一部はUAEへの貿易を優先することが前提となっていた」とカイエック氏は言う。

2016年、フォンドモンテ・カリフォルニアはカリフォルニア州にある1790エーカーの農地を約3200万ドルで購入した。フォンドモンテの親会社は、サウジアラビアの食品大手アルマライにほかならない。

アーカーム・キャピタルのエル・フセイニ氏は、「地域全体で物価上昇の圧力が見られるものの、インフレが他の新興国や先進国市場で見られる水準に達することはないだろう」と結論付けている。

特に人気
オススメ

return to top