Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 米中「第1段階」貿易協定、1月15日に署名

米中「第1段階」貿易協定、1月15日に署名

01 Jan 2020
2017年の北京の歓迎式典での習近平中国国家主席とドナルド・トランプ米大統領。トランプ大統領は火曜日、新たに部分合意された米中貿易協定が来月中旬に署名されると発表した。「1月15日に非常に大規模で包括的な米中貿易協定の第1段階に署名する」と大統領はニューヨーク証券取引所の取引開始直前にツイートした。(AFP)
2017年の北京の歓迎式典での習近平中国国家主席とドナルド・トランプ米大統領。トランプ大統領は火曜日、新たに部分合意された米中貿易協定が来月中旬に署名されると発表した。「1月15日に非常に大規模で包括的な米中貿易協定の第1段階に署名する」と大統領はニューヨーク証券取引所の取引開始直前にツイートした。(AFP)
Short Url:
Updated 01 Jan 2020
01 Jan 2020
  • 合意や関税をめぐる紛争のエスカレートストップの知らせが、今月のニューヨーク市場株価上昇を誘発した

ワシントン:ドナルド・トランプ米大統領は火曜日、新たに部分合意された米中貿易協定が来月中旬に署名されると発表した。後日あらためて訪中し次の段階に向け継続的な協議を行うことも明らかにした。

「1月15日に非常に大規模で包括的な米中貿易協定の第1段階に署名する」とトランプ大統領はニューヨーク証券取引所の取引開始直前にツイートした。

「署名式はホワイトハウスで行われる。中国の高官も出席する」

大統領はさらに、交渉を続けるため「後日」訪中すると述べた。

合意や関税をめぐる紛争のエスカレートストップの知らせが今月のニューヨーク市場株価上昇を誘発していたが、火曜午前の米国株式市場に変化はほとんど見られなかった。

双方は今月初め、貿易をめぐりほぼ2年間続いていた対立の緩和に向けた「第1段階」合意を発表した。米国輸出用製品の大量購入や貿易改革の採用に対する中国の誓約と引き換えに、米国政府がいくつかの関税を撤廃するか削減することで合意した。

同協定の文書はまだ公開されておらず、詳細はほとんど分かっていない。米国の関係者によると、まだ法律および翻訳関係の精査中だという。

米中の当局者は、合意には知的財産保護、食料品および農産物、金融サービスおよび外国為替、および貿易紛争解決の規定が含まれると述べた。

他の見かけ上の米中協議は以前に消滅してしまっていたが、米国当局者によると今回は双方が大筋において実際に合意しているという。

この2つの経済大国は2018年前半以来、熾烈な貿易戦争でにらみ合いの状態を続けており、世界経済を揺るがしてきた。

米中貿易戦争勃発以前の2017年には、米国はこのアジアの巨人に約1,300億ドル分の製品を輸出していた。

ロバート・ライトハイザー米国通商代表によると、この新協定の下では、中国は今後2年間に米国の製造業者、農家、エネルギー生産者、サービス提供者からの購入を増やし、最低2000億ドルとすることを約束している。

米国当局者は鳴り物入りで休戦を発表したが、経済学者や貿易専門家はこれを主に中国政府の勝利と呼んでいる。

米国製造業者連合のスコット・ポール会長は、関税撤廃に同意することは、「中国との最も重要な貿易問題の解決を先送りする一方、我々の影響力の多くを手放してしまう」ことに等しいと述べた。休戦はさらに、香港における景気低下や政治的問題に直面中の習近平中国国家主席に息つく暇を与えることにもなる。

香港の民主化運動を支持し、中国における主にイスラム教徒の少数派の大量拘留を批判するというワシントンの決定が、これまでの貿易交渉に影を落としていた。

AFP

topics
Most Popular
Recommended

return to top