Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サルマン国王、商品価格上昇において市民を支援するため53億2000万ドルの割り当て

サルマン国王、商品価格上昇において市民を支援するため53億2000万ドルの割り当て

経済開発評議会の会合で議長を務めるサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。(SPA)
経済開発評議会の会合で議長を務めるサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子。(SPA)
Short Url:
05 Jul 2022 04:07:02 GMT9
05 Jul 2022 04:07:02 GMT9
  • この基金には、社会保障と市民口座プログラムの受益者向けの100億SRが含まれている
  • 皇太子は、基本的な生活必需品のコストが上昇していることを受け、最も困難な状況にある市民に焦点を当てる必要性を強調した。

アラブニュース

リヤド:サウジアラビアのサルマン国王は月曜日、市民を支援するための200億SR(53億2000万ドル)の割り当てを承認する勅令を発出した。世界的な物価上昇の影響を緩和することが目的である。

配分された資金の半分は、社会保険の受給者と市民口座プログラムに充てられる。

これに先立ち、経済開発評議会の会議の議長を務めたムハンマド・ビン・サルマン皇太子は、一部の基本的な生活必需品のコストが上昇していることを受け、王国において最も困難な状況にある市民に焦点を当てる必要性を強調した。

サウジ国営通信(SPA)によると、皇太子は国際情勢を監視する各省庁や政府機関の重要な役割について強調した。

これらの役割には、食料サプライチェーンに関する問題、市場、製品入手可能性、価格水準の監視、公正な競争、合法的な競争の保護と奨励、そして、消費者の利益に影響を与える独占的行為の撲滅と防止が含まれる。

ジェッダで開催された会議において、評議会はいくつかの経済・開発問題を検討した。商業省、環境水資源農業省、経済・計画省は共同で、王国のさまざまな製品の価格水準についてプレゼンテーションを行った。

保健省はまた、新型コロナウイルス感染症に関連する進展について評議会に説明した。同省のプレゼンテーションには、COVID-19に関する予防措置の解除決定後の最新情報と、ワクチン投与に関する最新情報が含まれていた。また、今年のハッジ(大巡礼)の準備状況や世界的な感染状況についても説明があった。

また、経済・計画省から提出された、経済活動やパンデミックの影響に関する分析を含む定期的なプレゼンテーションについてもフォローアップが行われた。

評議会はこれらの問題に関して必要な勧告を行ったと、SPAは報告している。

OECDの予測

経済協力開発機構(OECD)は最近、世界経済が世界的な食糧および商品価格の高騰に苦しんでいる中で、サウジアラビアは低レベルのインフレを享受する見込みであると予測した。

OECDは、サウジアラビアの国内総生産(GDP)は他のG20諸国における経済圏の2倍以上の成長率になると予想している。

2022年のG20諸国における経済の成長率が2.9%であるのに対し、サウジ経済は7.8%成長すると、OECDは経済見通しで報告した。

OECDはまた、2023年のサウジの国内総生産成長率をG20平均の3倍の9.0%に修正し、一方で王国のインフレ率はG20平均の6.3%未満を維持するとした。

サウジアラビア、アルゼンチン、トルコは、ウクライナ戦争が始まって以来、GDPがプラス成長を示している数少ないレアケースである。

サウジアラビアのインフレ率

統計総局が発表した最新データによると、サウジアラビアの年間消費者インフレ率は4月の2.3%から5月には2.2%に鈍化した。

アラブニュースがまとめたデータによると、ヘッドライン・インフレ率(総合インフレ率)の鈍化は、主に雑貨や輸送、衣料品や履物の価格の伸びが減速したことに起因している。

総合統計庁(GASTAT)によると、5月の消費者物価指数(CPI)インフレ率の主な構成要素は、食品・飲料(4.2%増)と輸送(4%増)であった。

特に人気
オススメ

return to top