Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • OPECプラス会合:OPECプラス、限られた余剰生産能力を背景に小幅増産に合意

OPECプラス会合:OPECプラス、限られた余剰生産能力を背景に小幅増産に合意

ゲッティイメージズ
ゲッティイメージズ
Short Url:
03 Aug 2022 11:08:54 GMT9
03 Aug 2022 11:08:54 GMT9

アラブニュース

リヤド:石油輸出国機構(OPEC)とその同盟国からなる通称OPECプラスは、これ以上の増産には余力がないと警告しながら、9月から日量10万バレルの追加増産に合意した。

米国が国際石油市場での油価の高騰を冷やすために増産を求める中、ロシアを含むOPECプラスは水曜日に会合を開き、生産量レベルについて議論した。

今回の増産は、ロシアを含む23カ国のグループが来月から74万8000B/Dの増産を行うことを意味する。

OPECプラスは会合後の声明で、上流部門への投資不足が「非参加の非OPEC産油国や、一部のOPEC加盟国、参加している非OPEC産油国からの2023年以降の需要増を満たすための」十分な供給の確保に影響を与えると警告している。

次回の会合は9月5日に予定されている。

ホワイトハウスでエネルギー安全保障を担当するエイモス・ホクスタイン氏は、米国は石油市場を監視し、引き上げが適切かどうか確認すると述べたと報じられた。

米国は、OPECのリーダーであるサウジアラビアとUAEに、需要の回復とモスクワのウクライナ侵攻によって上昇した価格を抑制するために、より多くの石油を汲み上げるよう圧力をかけている。

米国と欧州の対ロシア制裁は、あらゆる種類のエネルギー価格の高騰を引き起こし、数十年にわたる高インフレと中央銀行の利上げを招いた。

ジョー・バイデン米大統領は先月サウジアラビアを訪問した機会に、エネルギー供給の問題を提起したが、サウジアラビアの皇太子は月産1300万バレルを超えて生産を拡大することはないと明言した。

サウジアラビアのアーディル・アル・ジュベイル外務大臣は、バイデン大統領の訪問中にアラブニュースの独占インタビューに対し、「サウジアラビアの石油に関する政策は、エネルギー市場のバランスを追求し、市場が十分に供給され不足がないことを確認することです」と述べた。

ロシアのアレクサンドル・ノバク副首相は会合後、世界の石油需要はほぼパンデミック前の水準に回復していると述べた。

彼は、国営テレビ局「ロシア24」に対し、物流チェーンや新型コロナウイルス感染症のパンデミックのさらなる拡大の可能性といった不確実性が残っているとし、原油生産量の調整に関する取引を主導するロシアとサウジアラビアが10月に政府間会合を開く予定であることを明らかにした。

原油価格

OPECプラスの決定に関する報道が流れ始めると、原油先物は上昇に転じた。

ブレント原油先物は、サウジアラビア時間午後2時50分に0.47%高の1バレル=101.01ドルとなり、ウエスト・テキサス・インターミディエイト原油先物は0.66%上昇し、1バレル=95.08ドルだった。

OPEC事務局長、ペースは遅いながらも石油需要は回復を継続すると発言

OPEC事務局長は水曜日の会合に先立ち、アルジェリア国営テレビに対し、今年初めや昨年よりもペースは遅いものの、石油需要は回復を続ける見通しであると語った。

「我々は、2020年と2021年の新型コロナウイルス感染症のパンデミック期間と比較して、まだ石油の需要が増加していることを確認しています。需要はパンデミック後に回復し、我々はまだそれを注視しているところですが、そのペースは相対的に減少しています」と、アルジェリアのニュースチャンネルに語ったハイサム・アルガイス事務局長の発言は火曜日遅くに放送され、水曜日にソーシャルメディアに投稿された。

新型コロナウイルス感染症以降の生産政策

OPECはここ数カ月、目標に沿って毎月約43万-65万BPDの増産を続けており、より迅速な増産に切り替えることを拒否してきた。

OPEC関係者は、OPECプラスの一員としてロシアとさらに協力する必要があることに加え、加盟国間でバレル数を増やすための余力がないことを理由に挙げている。

OPECプラスは9月までに、コロナウイルスの大流行による需要減退に対処するために2020年に実施した記録的な減産をすべて終了することになる。

OPECプラスは、一部の加盟国に対する制裁措置と他の加盟国による投資の低迷により、世界のエネルギー危機を緩和する能力を失い、6月の原油生産量は割当量を日量約300万バレル下回る結果となった。

サウジアラビアとUAEだけが、増産のための余力を残していると考えられている。

フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、サウジアラビアとUAEには石油を増産する能力が非常に限られていると聞かされていると述べた。

topics
特に人気
オススメ

return to top