Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • APEC開催国のタイ、首脳の意見の相違を克服するよう促す

APEC開催国のタイ、首脳の意見の相違を克服するよう促す

2022年11月17日、APECフォーラムの会場となるタイのバンコクにあるクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センターの前で警備する機動隊員たち。(ロイター)
2022年11月17日、APECフォーラムの会場となるタイのバンコクにあるクイーン・シリキット・ナショナル・コンベンション・センターの前で警備する機動隊員たち。(ロイター)
2022年11月18日、APEC首脳会議が開かれるタイのバンコクに到着し、タイのプラユット・チャンオチャ首相に出迎えられるカナダのジャスティン・トルドー首相(左)。(カナディアンプレス、AP)
2022年11月18日、APEC首脳会議が開かれるタイのバンコクに到着し、タイのプラユット・チャンオチャ首相に出迎えられるカナダのジャスティン・トルドー首相(左)。(カナディアンプレス、AP)
Short Url:
18 Nov 2022 09:11:25 GMT9
18 Nov 2022 09:11:25 GMT9
  • APECは世界人口の38%、国内総生産の62%、貿易額の48%を占める

バンコク:APECサミットのホスト国であるタイは、18、19日にバンコクで開催される同サミットに出席する各国首脳に対し、「相違点を克服」し、貿易やインフレなど緊急の世界経済問題の解決に焦点を当てるよう促した。

経済的統合を推進するために設立されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)は、その参加国・地域を合わせて世界の人口の38%、国内総生産(GDP)の62%、貿易額の48%を占める。

今回のサミットには、中国の習近平国家主席が出席し、米国からはカマラ・ハリス副大統領が代表として出席している。

タイはアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)の構築を模索しているが、今回のAPECはウクライナ紛争や台湾、朝鮮半島といった他の一触即発の地政学的緊張の中で行われた。

タイのドーン・ポラマットウィナイ外相は17日、APEC加盟21ヵ国による会議は、世界が複数のリスクに直面し、「極めて重要な局面」を迎える中で開催されていると述べた。

同外相は、「だからこそ、今年のAPECはそうした課題を乗り越え、世界全体に希望を届けなければならない」との声明を発表した。

APECサミットの会場には約100人の反政府デモ隊が集まった。18日の朝には会議場へのデモ行進が計画されており、厳重な警備態勢が敷かれた。

2022年11月17日、タイ・バンコクのAPECフォーラム会場付近で行われたデモでは、デモ参加者が機動隊と押し合いになった。(AP)

習近平氏は、中国、米国両政府の対立点となっている地域における冷戦的緊張について警告し、17日、アジア・太平洋は誰の裏庭でもなく、大国間の競争の場となってはならないと述べた。

「新たな冷戦の試みは、人民にとっても時代にとっても、決して許されることではない」。習氏は、サミットに関連したビジネスイベントのために用意した文書でこのように述べた。

世界の二大経済大国の関係は近年、関税、台湾、知的財産、香港の自治権撤廃、南シナ海をめぐる紛争などの問題で緊迫の度を強めている。

米国高官は、ハリス副大統領が22日、領有権をめぐって各国が対立する南シナ海の端にあるフィリピンのパラワン島を訪問すると述べた。この動きについては、中国政府が挑発と見なす可能性もある。

今回の訪問でハリス氏は、スプラトリー諸島に隣接する島々を訪問した米国高官としては最高位となる。中国はスプラトリー諸島に港や滑走路を建設するために海底を浚渫しており、その一部海域はブルネイ、マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナムも領有権を主張している。

2022年11月17日、バンコクのドンムアン国際空港に到着し、タイ政府関係者に歓迎されるカマラ・ハリス米副大統領(中央)と夫のダグ・エムホフ氏。(AFP)

ハリス氏は、ウクライナ紛争をめぐる地政学的緊張に支配された一連の地域サミットに続くAPEC会議に出席した後は、パラワン島を訪れる予定だ。

今週初めにバリで開催されたG20の会議では、ほとんどの加盟国がウクライナ紛争を非難したものの、一部の国々はこの紛争について異なる見方をしていることを認めるとの宣言を全会一致で採択した。

ロシアはG20とAPECの両方に加盟しているが、プーチン大統領はこれらのサミットから遠ざかっている。APECには、アンドレイ・ベローゾフ第一副首相が代表として出席する。

オーストラリアからはアンソニー・アルバニージー首相がAPEC本会議に出席し、フランスのエマニュエル・マクロン大統領も特別ゲストとして出席している。

習氏はバンコク滞在中に岸田文雄首相と約3年ぶりの首脳会談を行った。その後、岸田首相は台湾海峡の平和への懸念を伝えたと述べた。

2022年11月17日、APECフォーラムに合わせてタイのバンコクで会談し、握手を交わす岸田文雄首相(左)と中国の習近平国家主席。(共同、AP)

中国のCCTVは、習氏が岸田氏に対し、台湾問題は両国関係の政治的基盤に関わるものであり、領土問題は適切に管理されるべきであると述べたと報じた。

バリ島では、習氏がカナダのジャスティン・トルドー首相に対し、非公開の会談をリークしたとして直接批判し、習近平が珍しく公の場で苛立ちをあらわにした。岸田氏との会談は、そうした緊張が高まった翌日に行われた。トルドー首相もバンコクに滞在中。

ロイター

特に人気
オススメ

return to top