Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • サウジアラビアの非石油部門の成長率が2021年9月以来の高成長、PMIは58.5を記録

サウジアラビアの非石油部門の成長率が2021年9月以来の高成長、PMIは58.5を記録

製造業、卸売・小売業、サービス業で生産価格が上昇した。(シャッターストック)
製造業、卸売・小売業、サービス業で生産価格が上昇した。(シャッターストック)
Short Url:
06 Dec 2022 12:12:00 GMT9
06 Dec 2022 12:12:00 GMT9

ニルマル・ナラヤナン

リヤド:報告によると、サウジアラビアの購買担当者指数(PMI)は11月に58.5を記録し、2021年9月以来の高い水準となったが、これは、インフレ圧力が高まる中、サウジアラビアの非石油民間部門が拡大を続けていることが要因となっている。

リヤド銀行が発表した最新のサウジアラビアPMIレポートによると、同国は27カ月連続で非石油民間部門の成長を維持していることが判明した。

サウジアラビアの10月のPMIは57.2で、9月は56.6であった。

S&Pグローバル社によると、50以上の数値は成長を、50以下の数値は縮小を意味する。

リヤド銀行のチーフエコノミスト、ナーイフ・アル・ゲイス氏は、「11月のサウジアラビア経済は(引き続き)非石油部門の拡大を続け、需要の増加を踏まえて景況感が軒並み改善した」と語った。リヤド銀行のチーフエコノミスト、ナーイフ・アル・ゲイス氏は、「11月のサウジアラビア経済は(引き続き)非石油部門の拡大を続け、需要の増加を踏まえて景況感が軒並み改善した」と語った。

アル・ゲイス氏は、サウジアラビアの非石油部門の生産レベルが過去7年間で最も速いペースで拡大しているため、コスト圧力が高くなり、顧客への請求価格が引き上げられる結果となったと付け加えた。

同氏は次のように付け加えた。「また、『ビジョン2030』イニシアチブの継続的な実行の結果、ビジネスに対する期待の向上が見られ、これは石油以外の事業の将来の生産高の見通しに自信を与えています」

報告によると、11月の非石油企業の売上高成長率は、調査対象企業の41%以上が前月から増加したと回答し、1年以上ぶりの急激な水準で上昇した。

さらにレポートは、これらの企業が国内の好調な状況を背景に、2015年11月以来で最短で新規輸出ビジネスを増加させたと指摘した。

また、PMI レポートは、11 月中の投入コストインフレの上昇を示唆し、平均投入価格が急騰し、7 月以来の速いペースで上昇したことを示した。

「コスト上昇のペースが速くなったことで、企業が費用の上昇を顧客に転嫁しようとしたため、生産コストの上昇が堅調かつ迅速に進行した」と報告書は付け加えた。

さらに報告書は、製造業、卸売・小売業、サービス業で生産価格が上昇した一方、建設業で下落した、と指摘した。

報告によると、11月の非石油部門の雇用創出は、大部分の企業が人員配置を変更しなかったため、非常に穏やかなものとなった。

特に人気
オススメ

return to top