Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本とサウジアラビアがワールドカップのアジア予選で楽々と勝利

日本とサウジアラビアがワールドカップのアジア予選で楽々と勝利

千葉県フクダ電子アリーナで行われた日本とモンゴルの間の試合がいかに圧倒的であったかがうかがわれる光景。(AFP)
千葉県フクダ電子アリーナで行われた日本とモンゴルの間の試合がいかに圧倒的であったかがうかがわれる光景。(AFP)
リヤド・キングサウード大学スタジアムにて、最初のゴールが決まったことについてチームメイトたちと祝福する、サウジアラビアのヤーセル・アッ=シャハラーニー。(ロイター)
リヤド・キングサウード大学スタジアムにて、最初のゴールが決まったことについてチームメイトたちと祝福する、サウジアラビアのヤーセル・アッ=シャハラーニー。(ロイター)
Short Url:
01 Apr 2021 02:04:25 GMT9
01 Apr 2021 02:04:25 GMT9

Clareto Monsorate

日本とサウジアラビアは、アジアグループ二次予選でそれぞれモンゴルとパレスチナに大差をつけて勝利し、2022年ワールドカップキャンペーンを再び軌道に乗せた。

日本は、ワールドカップ7回連続出場のために予選を通過することを目標としており、モンゴル相手に猛威を振るい、彼らを14-0で打ち負かして、ワールドカップ予選史上最大の勝利を記録した。

サムライブルーは、2019年11月から新型コロナウイルスパンデミックの影響により予選を戦うことができていなかったが、練習不足の気配は全く見せず、前半終了時にはすでに5点を獲得していた。

先週の韓国戦での3-0の快勝以来勢いを増している森保一が率いる選手団は、後半さらに9点を挙げ、現在勝ち点15でグループFの首位に立っている。

6月3日のミャンマー戦での勝利が、グループFでの1位と、アジア三次予選への出場を決定づけるだろう。

森保日本監督は、モンゴルへ大差をつけて勝利したことは重要ではないと述べた。

「相手にフォーカスするよりはむしろ、選手たちは選手たち自身にとって成し遂げたいことに集中した」と、森保は共同通信社のリポートに対してコメントした。「私は違ったフォーメーションを試すことができたし、選択肢を広げることもできた。」

日本のキャプテンが口を出した。「多くの様々な選手たちが得点したこと、そして、大迫のような得点すべき選手が得点したことはいいことだ」

「それが今夜得た最大のことだった。私たちは最後まで勢いを弱めることなく進み、終盤になっても相当多くの得点を挙げた。」

サウジアラビアは、アジア地域から唯一の予選大会の相手であるパレスチナを5-0で負かして、ウズベキスタンの上のグループDのトップに立った。

特に人気
オススメ

return to top