Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 空飛ぶシャボン玉製造機が飢餓から世界を救う

空飛ぶシャボン玉製造機が飢餓から世界を救う

18 Jun 2020
2020年6月17日に入手したこの配布資料の写真には、カンパニュラの花に付着した化学的に機能化されたシャボン玉が写っている。バブルガンを装備した飛行ロボットは、いつか私たちの地球を救うのに役立つ可能性がある。(AFP)
2020年6月17日に入手したこの配布資料の写真には、カンパニュラの花に付着した化学的に機能化されたシャボン玉が写っている。バブルガンを装備した飛行ロボットは、いつか私たちの地球を救うのに役立つ可能性がある。(AFP)
Short Url:
Updated 18 Jun 2020
18 Jun 2020

ワシントン:バブルガンを装備した飛行ロボットが、いつか私たちの地球を救うのに役立つ可能性がある。

これは、日本の科学者が水曜日に『iScience』で発表した研究によるもので、石鹸の泡を使用して、果実を実らせる植物を受粉させることができることを実証した。ミツバチの個体数の減少に直面する中、今後数十年にわたり世界を養うために極めて重要なものと見られる。

能美市にある北陸先端科学技術大学院大学の都 英次郎准教授は、授粉媒介ロボットに長年取り組んできたが、使用していたドローンが花に衝突して台無しにしてしまったことに落胆したとAFPに対し語った。

「とても悲しかったです」と彼は言う。

シャボン玉で試してみるという風変わりなアイデアは、都氏が息子と家の近くの公園で遊んでいるときに思い付いた。

彼は、シャボン玉の1つが3歳の子の顔に当たってくだけたときにインスピレーションを受けた。

都氏と共著者のXi Yang氏は、最初に顕微鏡を使って、シャボン玉が花粉を運ぶことができることを確認した。

次に、店で入手可能な5つのソリューションをテストしたが、ラウラミドプロピルベタインと呼ばれるソリューション(泡の形成を促進するために化粧品で使用されるもの)が、花粉が花に付着した後に花粉から伸長する花粉管の成長を促すことを発見した。

彼らはまた、発芽プロセスを支援するためにカルシウムを添加し、最適なpHバランスを見出した。

二人はソリューションをバブルガンに装填し、花粉を含む泡をナシ果樹園に(泡1つにつき約2,000粒の割合で)放出したところ、標的とした花の95%が実を結んだことを発見した。

「それはファンタジーのように聞こえますが、...シャボン玉は効果的な授粉を可能にし、果実の品質は従来の人工授粉と同じであることが保証されます」と都氏は語った。

人工受粉ははるかに手間のかかるプロセスである。

最後に、研究者たちは、所定のルートを飛行するようにプログラムされた小型のドローンにバブルガンを搭載し、空から実験を行った。

花はもはや咲いていなかったので、彼らは一塊のユリの造花を標的にした。

この装置を2メートルの高さから毎秒2メートルの速度で飛行させると、プラスチックの造花に90%の成功率で命中した。

都氏は、将来の商品化に向けてある会社と相談中であるが、ロボットの精度を向上させ、自律的に花を標的とする機能を追加するために、さらなる作業が必要であると語った。

この研究は、花粉の媒介者としてのシャボン玉の特性を調べ、その概念を自律式ドローンと関連付けた最初のものと考えられている。

著者らは、「花粉を媒介する昆虫の減少、人工受粉に伴う重労働、および花粉のコストの高騰」に対処するため、人工的な授粉への新たな関心が高まることを願っていると書いている。

AFP

topics
Most Popular
Recommended

return to top