Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本のお母ちゃん3人が地元の農作物を守る「モンキーバスターズ」を結成

日本のお母ちゃん3人が地元の農作物を守る「モンキーバスターズ」を結成

「モンキーバスターズ」はサルを威嚇するためにエアガンを携える。(ソーシャルメディア)
「モンキーバスターズ」はサルを威嚇するためにエアガンを携える。(ソーシャルメディア)
Short Url:
15 Sep 2020 09:09:17 GMT9
15 Sep 2020 09:09:17 GMT9

ダイアナ・ファラ ドバイ

「モンキーバスターズ」としても知られる3人の日本人女性は、サルによる農作物被害を防ごうと活動をし注目を集めています。

JA福井県美山支店は住民にサル撃退の講習会を始め、同講習会を受けた、石村昌子さん(74)、木下たつ子さん(68)、井伊美由紀さん(67)の福井県の女性3人が5月に「モンキーバスターズ」を結成した。

計石町では、サルがタマネギ、ナス、大豆、ジャガイモの農作物を荒らしている光景がよく見られる。 かかしや防獣ネットに効果がないことから、「モンキーバスターズ」が立ち上がった。

集落の人から目撃情報が報告されると、追い払うためにエアガンを携えた3人の女性が現場に急行する。

通常、3人はサルがいる方向に向けて威嚇射撃をし、住民も爆竹によって後方支援をしている。

同支店は、「モンキーバスターズ」がサルを山へ追いやり、地元の農作物を守るのに効果的なことを証明できたと報告した。

特に人気
オススメ

return to top