Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本のラーメンチェーンが植物ベースのビーガン料理に進出

日本のラーメンチェーンが植物ベースのビーガン料理に進出

この最新の植物ベースのラーメン「赤丸」は、2月1日から10.60米ドルで売り出される。(一風堂)
この最新の植物ベースのラーメン「赤丸」は、2月1日から10.60米ドルで売り出される。(一風堂)
Short Url:
24 Jan 2021 08:01:10 GMT9
24 Jan 2021 08:01:10 GMT9

シャムス・エルムトワリ、ドバイ

日本の人気ラーメン店「一風堂」が最新のメニュー拡大により、多様な料理の好みに応じようとしている。

最新のラーメンは材料に肉を使用せず、日本の菜食主義者のラーメン好きなどにアピールしている。

この最新の植物ベースのラーメン「赤丸」は、2月1日から10.60米ドルで売り出される。

一風堂は食肉不使用のスープと、卵を加えない全粒小麦粉の麺を使う。この料理はポルチーニきのこと、いんげん豆のペーストも使って補完される。

豆乳と昆布だしを利用することで、一風堂で売られているほとんどのラーメンと同様の豊かな風味を維持する。日本中の44の店舗で楽しむことができる。

一風堂は1985年に福岡市中央区大名で創業し、1995年に初めて東京でラーメン店を開いた。このチェーン店は1996年に2つの代表メニュー「白丸元味」と「赤丸新味」を発売した。

日本の一風堂錦小路店は「外国人に人気の日本のレストラン2014」を受賞し、ラーメン店カテゴリーで1位にランク付けされた。

このチェーン店はこれまでに香港、台湾、中国、英国、米国、およびその他の国々に支店をオープンし、その商標を一流のラーメンスポットとして世界的に有名にしてきたが、今回の最新ビーガンメニューはまだ日本以外の店舗では食べることができない。

特に人気
オススメ

return to top