Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • パレスチナのために7万ドルの寄付を目指す募金ランナー

パレスチナのために7万ドルの寄付を目指す募金ランナー

ハルーン・モタ氏は、認識を高め、パレスチナ人を支援する資金集めのため、わずか3週間で4つのマラソン大会、合計105マイルを走ることを計画している。(提供)
ハルーン・モタ氏は、認識を高め、パレスチナ人を支援する資金集めのため、わずか3週間で4つのマラソン大会、合計105マイルを走ることを計画している。(提供)
ハルーン・モタ氏は過去にも、パレスチナマラソンを走るなど、ペニー・アピールのためにさまざまな募金活動を行ってきた。(提供)
ハルーン・モタ氏は過去にも、パレスチナマラソンを走るなど、ペニー・アピールのためにさまざまな募金活動を行ってきた。(提供)
Short Url:
22 May 2021 06:05:24 GMT9
22 May 2021 06:05:24 GMT9
  • イスラム・チャリティー・ペニー・アピールの募金調達マネージャーであるハルーン・モタ氏は、ラマダン期間中に数万ドルの寄付金を集めた
  • 彼は、今年後半、ベルリン、ロンドン、シカゴ、ニューヨークのマラソン大会を走る予定である

クリストファー・ハミル・スチュワート

ロンドン:ラマダン期間中に数万ドルの寄付金を集めたアスリートが、ガザ地区およびパレスチナ被占領地のパレスチナ人への緊急人道支援のために7万ドルの寄付金を集めることを目標に、新たなキャンペーンを開始した。

ハルーン・モタ氏は、ガザ地区の武装勢力や民間人への空爆や砲撃という壊滅的な軍事行動によって引き起こされた人道的危機に対する認知を高め、これに対処するパレスチナ人を支援する資金集めのため、わずか3週間で4つのマラソン大会、合計105マイルを走ることを計画している。

12日間にわたるガザでの戦闘では、イスラエル軍の攻撃により200人以上が死亡、1,300人が負傷し、この小さな領土に住む200万の人々の既に切迫している経済的、人道的状況をさらに悪化させている。

「私は、パレスチナの人々の窮状を無視することはできませんでした」とモタ氏はアラブニュースに語った。「チャリティーに関わる者、そして人道主義者である私にとって、それは、私たちが最も得意とするところです。(つまり)自然災害だけでなく、戦争や紛争の結果に対処しようとすること。」

イスラム教徒として、彼はパレスチナとパレスチナ人に強い思い入れがあるという。

イスラム・チャリティー・ペニー・アピールの募金調達・マネージャーであるモタ氏は、「多くの苦しみを目の当たりにすると、心が痛みます」と語った。

「私はパレスチナの人道支援プロジェクトのために、7万ドルを集めたいと思っています。その多くが、最大の人道的危機が存在するガザで使われる予定です。(ガザの)状況は本当に悲惨なものです。」

モタ氏は次のように続けた。「パレスチナの大義ために資金を集めるだけでなく、パレスチナ人の窮状に対する認知を高めることも重要です。」

「紛争や戦争の最中に人々が政治について議論している間、影響を受けているのは現実の人々であり、現実の生活であることを忘れてしまいがちです。私は彼らのために走ります。戦争しか知らず、日々苦労している人々のために。」

モタ氏は過去にもペニー・アピールのためにさまざまな募金活動を行ってきたが、彼はガザの人道的危機を考えると、今回の募金活動はこれまでで最も野心的なものであるという。

「私が走るのは、選択の余地があるからです。ランニングシューズを履いて、外に出て走ります。それに比べ、人々は爆弾から逃げなければならないのです。彼らに選択の余地などありません」と彼は語った。

「私が念頭に置いているのは、こうした人々です。私は、多くの人に寄付で貢献してもらうだけでなく、人道的な観点からさまざまな支援方法を考えるきっかけになればと願っています。」

モタ氏は、9月下旬のベルリンマラソンから始まる挑戦の最終段階を前に、今後数か月間トレーニングを行う予定である。ロンドン、シカゴ、ニューヨークのマラソン大会がすぐその後に控えている。

モタ氏は、「私は、人々が私を応援し、ソーシャルメディアで私のツアーをフォローするようお願いしています。私に続き、パレスチナの大義ために走りたいと思う人がいれば、今がその誓いを立てる絶好の機会です」と語った。

特に人気
オススメ

return to top