Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • エキスポ・ライブのパビリオンの建築家、日本とUAEの間の「架け橋」を実感

エキスポ・ライブのパビリオンの建築家、日本とUAEの間の「架け橋」を実感

大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。 (Archidentity)
大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。 (Archidentity)
大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。 (Archidentity)
大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。 (Archidentity)
大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。 (Archidentity)
大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。 (Archidentity)
大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。 (Archidentity)
大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。 (Archidentity)
Short Url:
24 Jul 2021 04:07:03 GMT9
24 Jul 2021 04:07:03 GMT9

シャム・エル・ムトワリ 

ドバイ: アラブ首長国連邦(UAE)の建築家アハメド・アブドゥルラフマン・ブカシュ氏は、アーキデンティティ社の創業者であり、世界的にもユニークな建物をローカルな視点で設計することで中東の建築業界を席巻している。こうして成功してきた彼のミッションは、エキスポ・ライブのパビリオン「The Good Place」によく表れている。

上級建築家のシリーン・アリ氏ならびにアソシエイト建築家の丸山剛史氏とコラボしたこのプロジェクトについて、「顧客視点に立ちつつ、それを発展させて自分たちなりに表現することができたのが、当社のユニークな特徴の一つです。それがコラボの成功につながりました」と、ブカシュ氏はアラブニュース日本に語った。

このプロジェクトにおけるブカシュ氏のクリエイティブ志向は、故シェイク・ザイード氏と故シェイク・ラシッド氏が「ドバイとアブダビの間で、砂漠の真ん中で北風に吹かれながら出会った」という逸話に大きな影響を受けており、「変革をもたらす方法で地域を統合する」意図があると言う。ブカシュ氏は、この歴史的な出会いと、エキスポ・ライブの根底にある、革新的なコンセプトを抱く起業家を世界中から集めることを目的としたイニシアティブの間に類似点を見出している。

「The Good Place」(アーキデンティティ社提供)

ブカシュ氏は、ベドウィンのテントを彷彿とさせるパビリオン建築によって、このつながりを具体的に示した。テントは「ほとんどピクセル化されて非常に精巧に構成された折り紙を模すべく、単純な方法で抽象化かつ断片化され」ており、日本文化への憧れと建築アプローチを緊密に統合している。

エキスポ・ライブのパビリオンは、「過去に敬意を表しつつ視点は未来を向いているようなもの」だと彼は述べた。過去と未来の二項対立を、日本とUAE両国が葛藤してきた2つの建築様式である伝統主義と現代主義の概念に投影している。

建築家のブカシュ氏は、日本は伝統的なものと現代的なものを融合させるべく長年模索し、微調整してきたが、UAEはまだその初期段階にあると説明した。

「伝統的なものはより持続可能であり、建築としても私たちのルーツとより調和していたという信条のもと、当社はそこに立ち返りつつ新たな方法で実現しているのです」。

ブカシュ氏は、日本の新陳代謝運動の時期には、伝統的な建築要素が否定されていたが、現在の日本建築は、伝統が濾過されて機能性に依存した現代主義モデルを形成している漏斗のようなものと表現できると歴史的な説明を加えた。

「人々が自らの過去の美しさを認識するためには、過去を新たな方法で表現し直す必要がある場合があります」と、ブカシュ氏はアラブニュースとの独占インタビューで語った

ブカシュ氏は、日本の風景の美しさ、道行く人の生活様式、年中行事等を目の当たりにして、日本の豊かさに魅了された理由を実感したと3年間の日本留学を振り返る。

「そうした文化は、私が日本文化に特に夢中になった理由にすぐに気づかせてくれました」。また、研究や建築を通して彼の関心は高まり、好奇心に火がついて安藤忠雄氏、隈研吾氏、丹下健三氏といった先人たちの作品を学んだという。

ブカシュ氏は、日本の建築遺産は、田舎風と洗練された建築表現を絶妙なバランスで組み合わせた素晴らしい建築物が連なっており、「キャンバス画」のような広がりを持っていると表現した。そして、日本の建築や経験の思い出から「自国建築が持つ素晴らしい可能性について考えさせられた」と語り、日本とUAEの間に「架け橋を作る」べきだとの考えを述べた。

「私にとって日本は、自分自身を知るために、またその美しさを実感するために、これからも継続して再訪問したいと感じる数少ない国のひとつです」とブカシュ氏は断言した。

大局的な観点から、ブカシュ氏は、建築は知識を「物理的に構築された形態」に変換できることを重視しており、既製品ではなく顧客に合わせてデザインを提供するという、オーダーメイドの建築アプローチをとってる。

最近では、10年近くかけて調査・計画・建設した住宅用ヴィラの完成が間近に迫っており、「私をUAE国民と成しえているのは何か?私が未来に伝えるべきものは何か?」という重要な問い応えるのに不可欠な作品なのだと、ブカシュ氏は情熱的に語った。

ブカシュ氏によると、プロジェクトはコンテキスト建築の概念と関連しており、宗教上の必要に応じた住宅を建設することで、空間の面からUAEという存在を模索しているという。

「私たちはプライバシーにとても敏感で、モスクで一日5回のお祈りをする習慣がありますが、ステレオタイプされた家に帰ってしまうと、この独特のライフスタイルとは無縁であることに気がつきます」と彼は述べる。普通の家屋には、沐浴用の器具や、祈りの方向であるキブラを示すものが存在しない。

彼はこれを、日本建築が伝統文化を考慮した設計になっていることと比較する。例えば、茶室はお茶を飲む習慣のために作られた空間で、日常のストレスを忘れる一時を過ごすのに役立っている。 

アーキデンティティ社は複数事業に携わっており、9人のスタッフを擁している。「自社のあらゆる設計に地域の象徴を取り入れることで、ユニークな個性を醸成する」ような住宅、商業施設、文化施設等のプロジェクトを手掛けている。

同社はまた、丸山剛史氏と共にドバイ日本人学校の増築部分の設計も担当し、キャンパスの改善と利便性の向上を実現した。

特に人気
オススメ

return to top