Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 「ダライラマ、メッカへの巡礼を希望」

「ダライラマ、メッカへの巡礼を希望」

(ANJ Photo)
(ANJ Photo)
(ANJ Photo)
(ANJ Photo)
Short Url:
11 Nov 2021 03:11:48 GMT9
11 Nov 2021 03:11:48 GMT9

カルドン・アズハリ

東京:ダライ・ラマ法王は水曜日、東京の日本外国特派員協会でオンライン記者会見を開き、メッカへの巡礼を希望していると明言した。 

「私は宗教的調和に向けた努力の一環としてメッカへの巡礼をしたいと思っています。そのため、将来、機会があれば、巡礼者としてメッカに行きたいと思っています。」 

ダライ・ラマは、インドのモスク(ダライ・ラマはイスラム教寺院と呼んでいた)を訪れたと語り、多くの宗教が存在する場所であると指摘した。 

「そのイスラム教寺院を訪れたとき、私は白い頭飾りを身に着け、イスラム教徒の友人といくつかの祈りを捧げました。それ以来、私は宗教の調和に真摯に取り組んでおり、機会があればメッカへの巡礼をしたいと思っています。」

ダライ・ラマ法王は、台湾と中国の平和的な統一を祈っていると述べ、台湾と中国の両方の人々が漢民族の文化を持っていることを指摘し、中国共産党との出会いに言及。 

「私は中国に滞在中指導者に会い、中国共産党に参加したいと思うほど共産主義に感銘を受けました。しかし彼らはそれを否定し、ある当局者は私に「宗教は毒だ」と言いました。偏狭な中国共産党の指導者たちは、チベットや他の様々な異なる文化を理解していないのです。漢民族による支配が強すぎると思います。」

しかし、通常通り彼は対立の中でも平和を求め、次のような助言をした。「怒りの表情ではなく笑顔を見せましょう。そして怒りを鎮めて心を温かく保つのです。良い心は個人の幸せに欠かせない要素です。」

特に人気
オススメ

return to top