Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ダカール・ラリー優勝はカタールのナセル・アル・アティーヤ、サウジのヤジード・アル・ラジは3位獲得

ダカール・ラリー優勝はカタールのナセル・アル・アティーヤ、サウジのヤジード・アル・ラジは3位獲得

ナセル・アル・アティーヤは、元旦の第1ステージからリードを保ち、金曜日にジェッダで迎えたダカール・ラリー最終レースで4度目のタイトルを獲得した。サウジアラビアのヤジード・アル・ラジは3位を獲得、8回目の挑戦で初のダカール表彰台に立った。
ナセル・アル・アティーヤは、元旦の第1ステージからリードを保ち、金曜日にジェッダで迎えたダカール・ラリー最終レースで4度目のタイトルを獲得した。サウジアラビアのヤジード・アル・ラジは3位を獲得、8回目の挑戦で初のダカール表彰台に立った。
Short Url:
15 Jan 2022 12:01:46 GMT9
15 Jan 2022 12:01:46 GMT9
  • 二輪クラスではイギリス人ライダー、サム・サンダーランドが2度目のタイトルを獲得した

サウジアラビア・ジェッダ:ナセル・アル・アティーヤは、元旦の第1ステージからリードを保ち、金曜日にジェッダで迎えたダカール・ラリー最終日、4度目のタイトルを獲得した。

アル・アティーヤは、9回のラリー世界選手権優勝経験を持つライバルのセバスチャン・ローブに、ビーシャからの最終砂漠コース、第12ステージでは5分以上の差をつけられたが、総合27分以上の差をつけ優勝を果たした。カタール人の同選手はこれまで、2011年、2015年、2019年に優勝している。

イギリス人ライダーのサム・サンダーランドは、ステージ優勝者、チリのパブロ・キンタニラに1994年以来の僅差となる総合3分半の差をつけ、2度目のダカール二輪車部門タイトルを獲得した。

しかし、ラリーの終わりには、PHスポーツチームのサポートスタッフがリエゾン区間で交通事故死したことが影を落とした。

フランス人のクエンティン・ラバレ氏(20歳)は、運転していた車が地元のトラックと衝突して死亡したと警察がダカール・ラリー主催者に伝えた。同乗していたベルギーのマキシム・フレール氏が負傷し、ジェッダの病院に搬送された。ラバレ氏はチーフメカニックであった。

アル・アティーヤは、過去2回のサウジアラビアでのダカール・ラリーで準優勝しており、この1年間はスポーツ射撃やパワーボートに時間を割かず、ラリーに専念していた。ダカールではパンクに悩まされたが、トヨタ車に太いタイヤとサスペンションを装着して微調整を行い、ラリーで7勝を挙げてサウジアラビアにやってきた。

最大のライバルたちは、早々にトラブルに見舞われた。ディフェンディング・チャンピオンのステファン・ペテランセルはリアホイールを失い、3度のチャンピオンであるカルロス・サインツはナビゲーションのミスを犯した。また、ローブのドライブシャフトが破損し、1週間前の休息日にはアル・アティーヤが50分ものリードを奪っていた。

ローブは初のダカールタイトル獲得を目指して必死に差を詰めていったが、アル・アティーヤと同乗ドライバーのマシュー・ボーメルは巧みにトラブルを回避した。

「私たちにとって、信じられないようなダカールでした。レース全体が滞りなく進みました」とアル・アティーヤは語った。「初日に差を広げ、その後もリードを保つことができました。本当に嬉しいです。また、1週間か10日後には次のダカールのことを考えることになるでしょう」

アル・アティーヤのダカール4度目の制覇は、アリ・バタネンと並ぶ歴代2位の記録となる。トップ記録はペテランセルの8回優勝。

ローブの2位は、2017年のアルゼンチンでの成績と同じであった。

「攻めることをやめなかったので、悔いはありません」とローブは語った。「豊富な経験を持つナセルと、滅多にミスをしない同乗ドライバーは、レースを完璧にコントロールしていました。でも、楽しかったです。彼にタイム差をつけることができるたびに気分が良かったですよ」

3位にはサウジアラビア人のヤジード・アル・ラジが入り、8回目の挑戦で初の表彰台に立った。

サンダーランドの準備は理想的ではなかった。新チームGASGASの一員として参戦したラリー・カザフスタンではクラッシュに見舞われ、モロッコ・ラリーでは体調を崩してリタイア。しかし、ダカールの1週目は終始トップを走り、2週目に挑んだときには完璧なタイミングでウイニングランを決めた。

サンダーランドは、「今シーズンは一筋縄ではいきませんでしたが、ダカールで勝てばすべてが報われます」と語った。

キンタニラは、3回目のダカールで2度目の準優勝となった。

「肉体的にも精神的にも疲れました。でも、自分のパフォーマンスにはとても満足しています」とキンタニラは語った。

2018年のチャンピオンであり、2度の準優勝経験を持つオーストリア人ライダーのマティアス・ウォークナーは、7分近く遅れて総合3位となったが、彼は「ほとんど勝利のように感じています」と語っている。

サンダーランド選手の義理の弟であるフランスのエイドリアン・ファン・ベヴェレンは4位、スペインのジョアン・バレーダは肩を痛めながらも5位を獲得。

デビューしたばかりの20歳のアメリカ人、メイソン・クレインは9位で、2度の優勝を誇るオーストラリアのトビー・プライスに13秒差をつけた。

AFP

 

特に人気
オススメ

return to top