Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ドバイ日本人会サッカー部がドバイでエキサイティングなトーナメントを開催

ドバイ日本人会サッカー部がドバイでエキサイティングなトーナメントを開催

今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
今年のトーナメントはGCC諸国から4チームが参加して行われた。
Short Url:
28 Feb 2022 07:02:00 GMT9
28 Feb 2022 07:02:00 GMT9

アミン・アッバス

ドバイ:ドバイの日本人コミュニティーの人気クラブであるドバイ日本人会サッカー部が、2月18日にドバイでガルフカップ・トーナメント2022を開催した。

今年のトーナメントは、GCC諸国の4チームで構成された。バーレーンとサウジアラビアから参加したドバイ・ブルー・ウェスト、ドバイ・ブルー・イースト、アブダビ・ガゼルズ、サクラ・レッド・ファルコンズである。

4チームによる試合は、各チームが優勝を目指してベストを尽くし、非常にエキサイティングなものとなった。トーナメントの結果、ドバイ・ブルー・イーストが3戦中2勝1分けで優勝を果たした。

アラブニュース・ジャパンの取材に対し、ドバイ・ブルーの平林ゼネラルマネージャーは、今回のトーナメントについて次のように感想を述べた。「今年のガルフカップ・トーナメントは、GCC諸国から4チームが参加しました。例年は8チーム以上集まるのですが、コロナウィルスによるパンデミックのせいで、今年は4チームのみの参加に限定し、各チームがこのトーナメントで3試合を戦いました」

「大会終了時には、他のチームとのエキサイティングな試合の末に優勝したドバイ・ブルー・イーストを筆頭に、全員がベストを尽くし、満足していました」

「来年は、トルコやインド、中東・北アフリカ地域の他の国など、少なくとも10カ国からより多くのチームが参加することを期待しています」と、平林氏は述べた。

日本食レストラン「WOKYO®ヌードルバー」は、今年のガルフカップ・トーナメントのメインスポンサーの1つだ。同店のオペレーションマネージャー、ザック・アラアラム氏はアラブニュース・ジャパンに対し、今年のトーナメントは非常に「組織的で、誰もが高いスポーツマン精神を発揮した」と話した。

「この大会のスポンサーになった理由は、健康的な食事とスポーツで健康的なライフスタイルを促進することでした。WOKYO®ヌードルバーは、サッカーが伝統的なスポーツであるように、伝統的な料理を売りにしています。今大会のコーディネートはそんなところに基づいているのです」と、アラアラム氏は述べた。

「ガルフカップの一員とあることは本当に光栄で、ありがたいと感じています。大会主催者の素晴らしいサポートに感謝の気持ちを伝えたいと思います」と、同氏は付け加えた。

特に人気
オススメ

return to top