Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • ファイサル王のヨーロッパへの歴史的な旅の100周年を記念する展覧会—「20世紀黄金期のある生涯」

ファイサル王のヨーロッパへの歴史的な旅の100周年を記念する展覧会—「20世紀黄金期のある生涯」

21 Dec 2019
トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの最初の海外旅行は100年前にイギリスで始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンでした」と述べた(写真)
トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの最初の海外旅行は100年前にイギリスで始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンでした」と述べた(写真)
トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの最初の海外旅行は100年前にイギリスで始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンでした」と述べた(写真)
トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの最初の海外旅行は100年前にイギリスで始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンでした」と述べた(写真)
トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの最初の海外旅行は100年前にイギリスで始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンでした」と述べた(写真)
トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの最初の海外旅行は100年前にイギリスで始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンでした」と述べた(写真)
トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの最初の海外旅行は100年前にイギリスで始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンでした」と述べた(写真)
トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの最初の海外旅行は100年前にイギリスで始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンでした」と述べた(写真)
Short Url:
Updated 15 Jan 2020
21 Dec 2019

アレクサンダー・ウッドマン

イギリス、ロンドン

2019年12月20日、ロンドンのポールモール116番地のナッシュルームにて「20世紀黄金期のある生涯」展が開幕しました。この展覧会は、ファイサル・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード国王の人生を変えた1919年のイギリス・アイルランド・フランスへの5カ月間にわたる旅を祝うものです。この歴史的な旅は、サウジアラビア王国とイギリスの間の友好関係の始まりとされています。

当時わずか13歳であったファイサル皇太子は、初めて訪英を果たしたサウジアラビア王族となりましたが、この旅は政治的訪問として最も物議を醸したもののひとつでした。しかし世界で最も影響力の大きい国との会談は、若きファイサル皇太子が初めて経験する国際関係の場となりました。この訪問の45年後、皇太子はサウジアラビア王となり、20世紀世界において最も高名な指導者の一人となりました。1967年の最後のイギリス公式訪問にて、ファイサル王は21銃による捧げ銃、ハイドパークでのパレードで迎えられました。エリザベス2世女王陛下は、王の独特の尊厳とイギリスとの友好関係への献身に対する感謝のしるしとして王に接見しました。

「20世紀黄金期のある生涯」展では、ファイサル王の歩みの概要を紹介し、その旅、訪れた場所、途中出会ってきた指導者たちを紹介します。展覧会は3週間開催され、王の個人的な身の回り品、原稿、電報、手紙、絵画、地図、写真、物品が多数表示されます。また来訪者には、王のこの重要な訪英を記録した報道資料を観察する機会も提供されます。将来の王としてのこの異例の歩みは、ジョージ5世からのロンドンへの招待から始まりました。世界で最も影響力があり賞賛される指導者の一人からの招待は、非常に名誉なことでした。初の海外旅行時の子供時代にこのような招待を受けたことは、王の性格の特徴的な一部となり、その後の行動態度を形作るものでした。

「20世紀黄金期のある生涯」は7部構成となっています。展示は王の生涯の初期の物語である「ナジェド」、若き皇太子の初めての海外訪問と外の世界の人々との初対面を示す「インド」から展開します。「ロンドン」は1919年の革新的な旅行で最初に訪れた都市に関する展示です。「イングランド、ウェールズ、およびアイルランド」の展示は、王のイギリスとアイルランドへのさらなる訪問に敬意を表すものです。「戦地にて」では、第一次世界大戦終結1年後のファイサル王のヨーロッパの戦地訪問に焦点を当てています。「パリ」の展示は、王のフランス首都訪問およびパリ講和会議における同盟国との出会いが主題であり、第一次世界大戦に注力しています。「遺産」では、王の歴史的な旅による建設的で豊かな産物および遺産に焦点を当てています。展覧会来訪者は王の訪欧の、特にサウジアラビアにとっての重要性、そして同国の将来に与えた影響を目撃し、理解するでしょう。

トゥルキ・ビン・ファイサル・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル=サウード王子は100年にわたる旅路のメッセージと象徴性を振り返り、「この展覧会は、生涯を通じてその父アブドゥル・アズィーズ王を代表した若きファイサル皇太子のキャリアの始まりを示しています。ファイサルの初の海外への旅は100年前にイギリスから始まったため、これらの一連の展覧会を立ち上げるべき場所は明らかにロンドンである必然がありました」と述べました。

トゥルキ王子殿下はさらに、サウジアラビア国民として、また偉大な指導者の息子としての心情を共有しました:「観察者であると同時にファイサル王の息子であることは、非常に感情を動かされます。私はその原点を、そして陛下が王として、指導者としていかに道を切り拓かれたかを振り返ります。この展覧会は、サウジアラビアを次世代の繁栄の地域にすべく、陛下が熱心かつ情熱的に国のあらゆる産業と資源を開発された当時を思い起こさせます」

「この展覧会は、サウジ・イギリス間の堅固で安定した絆の長さと深さを祝福するものです。ファイサル王はサウジアラビアの歴史上偉大な王であっただけでなく、世界でも最も偉大な王および指導者の一人となりました。驚くべきことに私たちは、かつてファイサル王によって起こされた変革を通じて、今日も王の歴史を繰り返しています。陛下は国際的な圧力、時代の変化、地域の不安定にも屈することなく国を率いました」と、駐英大使ハレド・ビン・バンダル・ビン・スルタン・アル=サウード王子殿下は、ファイサル王が後世に残した遺産について語った。

ハレド・ビン・バンダル大使閣下は、世界中の若年層が同展を訪れ、サウジアラビアの功績に触れるよう奨励しました。「王の類まれな人格・人徳について深い知識が得られるでしょう。陛下はサウジアラビアの国際外交を生んだ人でした」

「20世紀黄金期のある生涯」展は、キングファイサル調査・イスラーム研究センター、キングファイサル財団、および王国在英大使館により共同で企画されました。この展覧会はファイサル王とその賞賛された人柄、ビジョン、不屈の意志、そして世界への大きな貢献を提示し紹介するための、ヨーロッパにおける一連の展覧会の一つになります。

「20世紀黄金期のある生涯」展は2020年にパリで平和会議と同時に始まります。

アレクサンダー・ウッドマンはアラビア湾に拠点を置く作家。研究分野は世界保健、国際保健政策開発、国際および異文化医療政治、倫理、国際外交。alexwoodman.ucla@gmail.com. インスタグラム@thelandofadat

topics
Most Popular
Recommended

return to top