Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ドバイ万博のワークショップで専門家がシリアの世界遺産修復を議論

ドバイ万博のワークショップで専門家がシリアの世界遺産修復を議論

ワークショップの目的は、シリアの世界遺産を支援するソリューションや可能なリソースを紹介することである。(提供)
ワークショップの目的は、シリアの世界遺産を支援するソリューションや可能なリソースを紹介することである。(提供)
ワークショップの目的は、シリアの世界遺産を支援するソリューションや可能なリソースを紹介することである。(提供)
ワークショップの目的は、シリアの世界遺産を支援するソリューションや可能なリソースを紹介することである。(提供)
ワークショップの目的は、シリアの世界遺産を支援するソリューションや可能なリソースを紹介することである。(提供)
ワークショップの目的は、シリアの世界遺産を支援するソリューションや可能なリソースを紹介することである。(提供)
Short Url:
22 Mar 2022 12:03:59 GMT9
22 Mar 2022 12:03:59 GMT9

アラブニュース・ジャパン

3月21日、社会変革を主導する国家開発組織「シリア開発トラスト(Syria Trust for Development)」が、ドバイ万博のシリア・パビリオンと共催する、「シリア遺産の修復と地域社会の再生」ワークショップが始まり、スピーカーによる講演が行われた。

パネルディスカッションでは、「シリアの文化遺産に対する国際機関の役割」、「文化遺産と地域社会の復興の経験」、「アレッポの事例」の3つのテーマが取り上げられた。

シリア開発トラストのファレス・カラス氏は、ワークショップを紹介し、次のように述べた。「シリアの有形・無形の遺産の修復は私たちにとって優先事項ですが、私たちだけではできないことも分かっています。これは、国内および国際的な取り組みが必要な課題です。シリアを助けるためだけでなく、私たちが行うことに人類の精神を刻み込み、誇れる遺産を残すことに貢献するために」

ワークショップの目的は、シリアの世界遺産を支援するソリューションや可能なリソースを紹介することである。この日の最初のスピーカーである、シリア文化財博物館総局(DGAM)の国際関係ディレクター、リナ・クテファン氏は、シリアの文化遺産の現状を概説した。

最後に、イタリアの画家で美術理論家のミケランジェロ・ピストレット氏が、世界遺産であるアレッポ旧市街に、再生、平和、和解を象徴する彼の代表的な「第三の楽園」を新たに展示することをビデオで発表し、ワークショップは終了した。

6つの遺跡は、ユネスコの危機遺産リストに登録されているが、同地域の武力紛争の結果、その価値が損なわれている。

ドバイ万博のシリア・パビリオンは、シリアの豊かな文明と遺産を紹介し、知識を深めようとする世界中からの訪問者を歓迎している。

特に人気
オススメ

return to top