Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • イスラエル沖で流出した石油が南レバノンのビーチに漂着

イスラエル沖で流出した石油が南レバノンのビーチに漂着

イスラエル、ガアシュ近郊のシャロンビーチ自然保護区にある地中海の海辺で発生した石油流出のタールを除去する清掃作業前に、防護スーツを着用して説明を聞いているイスラエル人兵士達、2021年2月22日。(AP通信)
イスラエル、ガアシュ近郊のシャロンビーチ自然保護区にある地中海の海辺で発生した石油流出のタールを除去する清掃作業前に、防護スーツを着用して説明を聞いているイスラエル人兵士達、2021年2月22日。(AP通信)
Short Url:
23 Feb 2021 05:02:00 GMT9
23 Feb 2021 05:02:00 GMT9
  • イスラエル職員は日曜日、流出の原因となった船を見つけようとしていると述べた
  • レバノンのディアブ氏は国防相、環境相、国立科学研究評議会に追跡調査を任せた

ベイルート:レバノンの暫定首相ハッサン・ディアブ氏は月曜日、イスラエル沿岸近くを通りかかった船から流出した可能性がある石油が、現在レバノンの南岸に漂着していると語った。

イスラエルの職員は日曜日、その地中海海岸線の広範囲をタール漬けにした流出の原因となった船を見つけようとしていると述べた。清掃には数か月もしくは数年の時間を要する環境への打撃である。

レバノンのディアブ氏が国防相、環境相、国立科学研究評議会に追跡調査を任せたと、同氏の事務所による声明で述べられた。

イスラエルのビーチに現れた粘着性のある黒い沈殿物は月曜日に南レバノン、ティルスの自然保護区のビーチで見られるようになった。

公式報告書作成の為、レバノンの国連レバノン暫定軍に情報が伝えられると声明では述べられている。

イスラエルは沖から50kmのところで通過していた船から発生した2月11日の石油流出が出所となった可能性があると見ている。

ロイター通信

特に人気
オススメ

return to top