Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 『劇場版 呪術廻戦 0』が中東の映画館で公開

『劇場版 呪術廻戦 0』が中東の映画館で公開

『劇場版 呪術廻戦 0』は最近、日本における歴代興行収入15位の映画となり、また2021年の興行収入では『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を抜いて1位となった。(提供写真)
『劇場版 呪術廻戦 0』は最近、日本における歴代興行収入15位の映画となり、また2021年の興行収入では『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を抜いて1位となった。(提供写真)
『劇場版 呪術廻戦 0』は最近、日本における歴代興行収入15位の映画となり、また2021年の興行収入では『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を抜いて1位となった。(提供写真)
『劇場版 呪術廻戦 0』は最近、日本における歴代興行収入15位の映画となり、また2021年の興行収入では『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を抜いて1位となった。(提供写真)
Short Url:
18 May 2022 12:05:14 GMT9
18 May 2022 12:05:14 GMT9

アミン・アバス

マジッド・アル・フテイムのVOXシネマは、映画『劇場版 呪術廻戦 0』を中東・北アフリカ(MENA)地域で5月19日に公開すると発表した。これは、東南アジアにおける主要な日本アニメーション映画の配給会社であるODEXとの独占配給契約の一環としての公開だ。

この待望のアニメ映画は、既に公開されている日本や国際市場では批評家から絶賛され商業的成功を収めている。

『劇場版 呪術廻戦 0』は最近、日本における歴代興行収入15位の映画となり、また2021年の興行収入では『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を抜いて1位となった。

「日本のアニメーションの人気はかつてないほどに高まっている。昨年『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 』を配給したところ、興行記録を更新してアニメ映画史上最高の興行収入となり、アニメ産業の新たな可能性の世界を開いた」と、VOXシネマのマネージングディレクターを務めるトニ・エル・マッシー氏は語る。彼は続けてこう語る。「アニメは以前はニッチだと考えられていたが、今やメインストリームに移行しており、この地域で大きな支持を集めている。VOXシネマは、ODEXとの継続的な提携の一環として『劇場版 呪術廻戦 0』を大スクリーンで上映できることを楽しみにしている。MENA地域での上映が日本やアメリカでの成功を繰り返すことを確信している」

シンガポールの有限責任株式会社ODEXでマネージングディレクターを務めるゴー・ウェイ・ホー氏はこう語る。「『劇場版 呪術廻戦 0』の興行収入は現在1億米ドル以上で、日本での興行収入上位20作品に入っている。VOXシネマとの提携を継続できることは光栄だ。『劇場版 呪術廻戦 0』がMENA地域で新たに歴史的な興行収入記録を生み出すことを確信している」

VOXシネマは昨年の5月に、特大ヒット作『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 』を含む6タイトルを8地域で劇場公開する独占契約をODEXと結んだ。

『劇場版 呪術廻戦 0』の主人公は神経質な高校生の乙骨憂太で、彼は幼馴染の呪いに取り憑かれ、五条悟の導きにより謎めいた東京呪術高専に入学する。朴性厚氏が監督するこの映画の原作はマンガ『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』(ジャンプコミックス/集英社)で、大ヒットした芥見下々による超自然アドベンチャーシリーズの前日壇だ。

 VOXシネマは大規模な地域映画配給事業の展開やコンテンツの制作も行っている。同社が2021年末に向けて、湾岸協力会議地域における史上最大のアラビア語長編映画製作となった『Al Kameen(The Ambush)』を配給したところ、興行収入記録を更新し、アラブ首長国連邦におけるアラビア語映画の歴代興行収入1位となった。VOXシネマは昨年には、サウジ・日本合作アニメ映画『ジャーニー 太古アラビア半島での奇跡と戦いの物語』をマンガプロダクションズと提携して配給した。

『劇場版 呪術廻戦 0』は、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプト、オマーン、バーレーン、カタール、クウェート、ヨルダンの映画館で、日本語吹き替え、アラビア語・英語字幕付きで上映予定だ。

特に人気
オススメ

return to top