Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 伝説的な日本人レスラー武藤敬司が引退を表明

伝説的な日本人レスラー武藤敬司が引退を表明

伝説的な日本人レスラー武藤敬司が59歳で引退を表明(提供)
伝説的な日本人レスラー武藤敬司が59歳で引退を表明(提供)
伝説的な日本人レスラー武藤敬司が59歳で引退を表明(提供)
伝説的な日本人レスラー武藤敬司が59歳で引退を表明(提供)
Short Url:
15 Jun 2022 03:06:32 GMT9
15 Jun 2022 03:06:32 GMT9
  • グレート・ムタとして知られる59歳のレスラーは、日本のジ・アンダーテイカーのような存在と見なされている
  • 武藤のもっとも有名な、1990年代初頭のリック・フレアーやレックス・ルガー、スティングとの抗争はWCWファンからは古典的名勝負と言われる

ハッサン・アル・メイマン

リヤド:グレート・ムタとして世界中にのプロレスファンに知られる武藤敬司が40年のキャリアに幕を引いて試合から引退することを表明した。

おそらく日本最高のレスラーである武藤はリング上の伝説であり、日本がジ・アンダーテイカーに対抗して誇れる存在である。

彼は世界中のレスリング団体で戦ってきたが、その中には今は存在しないWCWも含まれている。WCWは後にWWEとなるWWFと競合していたが、2001年にWWEに買収された。

武藤は1992年のWCW「スターケード・バトルボウル」で優勝した。これは、無作為に選ばれた2人組のレスラーが戦って、バトルロワイヤル形式の試合への出場権を争うというものである。

グレート・ムタ

59歳になるプロレス界のレジェンドは、引退して1984年以来のキャリアに幕を引くまでに、あと5試合を残すのみである。

武藤の顔や身体のペイントは、ジェフ・ハーディーやWWEのフィン・ベイラーを含め、日本および世界中のレスラーに大きな影響を与えた。彼は口から相手の顔に霧状のものを吹き付ける技で知られるが、これはもう一人の日本が生んだプロレス界のレジェンド、米良明久(リングネーム「ザ・グレート・カブキ」)から借りたもので、その後同じく日本の田尻義博によって受け継がれている。

武藤のもっとも有名な、1990年代初頭のリック・フレアーやレックス・ルガー、スティングとの抗争はWCWファンからは古典的名勝負と言われる。1993年のハルク・ホーガンとの試合も、特に日本ではWWFチャンピオンとIWGPチャンピオンの激突として名試合に数えられている。

2019年11月には、武藤はAEWの「フルギア」に、アーン・アンダーソンとディーン・マレンコとともにクリス・ジェリコとコーディ・ローデスによるAEW世界王座戦のジャッジの一人としてサプライズで登場した。

グレート・ムタ

WCW以外にも、武藤は日本の新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリング・ノアでも試合をし、現在は活動していないレッスルワンという団体も運営していた。

武藤は4度のIWGP ヘビー級チャンピオン、元GHCヘビー級チャンピオン、3度の全日本プロレスの三冠ヘビー級チャンピオン、元NWA世界ヘビー級王者、元レッスルワン王者としてリングを去る。

topics
特に人気
オススメ

return to top