Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 国連、オゾン層は徐々に回復し、2066年までに穴が修復されると発表

国連、オゾン層は徐々に回復し、2066年までに穴が修復されると発表

米航空宇宙局(NASA)のウェブサイト「アース・オブザバトリー」に掲載されたオゾン層に開いた穴(オゾンホール)の大きさと形状の比較画像。左は1979年、右は2009年の観測(2009年12月1日公開)。(AFP)
米航空宇宙局(NASA)のウェブサイト「アース・オブザバトリー」に掲載されたオゾン層に開いた穴(オゾンホール)の大きさと形状の比較画像。左は1979年、右は2009年の観測(2009年12月1日公開)。(AFP)
Short Url:
10 Jan 2023 03:01:40 GMT9
10 Jan 2023 03:01:40 GMT9
  • 回復の兆しは4年前にも報告されていたが、わずかな前触れ程度に過ぎなかった

デンバー:地球の保護層であるオゾン層はゆっくりだが顕著に回復しており、そのペースは南極上空の穴を約43年で完全に修復するであろうと、国連の新たな報告書が伝えている。

4年に一度の科学的評価で、世界各国が、皮膚がんや白内障、農作物への被害につながる有害な放射線から地球を守る大気中のオゾン層を破壊する化学物質の生産禁止に合意してから35年以上が経過し、回復が進んでいることが明らかとなった。

「上部成層圏とオゾンホールで状況が改善されていることが確認されています」と、科学的評価の共同議長を務めるポール・ニューマン氏は語った。

デンバーで開催された米国気象学会で9日に発表された報告書によると、改善の進捗はゆっくりとのことだ。報告書によると、大気圏から18マイル(30キロ)上空の世界平均オゾン量は2040年、北極では2045年に、極端な減少がみられるようになる前の1980年の水準に戻るという。

南極大陸では、毎年巨大な穴が開くほど薄くなっており、完全に元に戻るのは2066年と報告されている。

世界中の科学者と環境保護団体は、冷媒やスプレー缶の噴射剤によく使われる化学物質の使用を禁止した1987年の「モントリオール議定書」に端を発したオゾンホール回復の取り組みを、人類にとって最大の環境保護的勝利の1つと称賛してきた。

世界気象機関事務局長のペッテリターラス教授は声明で、「オゾン対策は、気候変動対策の先例となるものです。オゾン層を破壊する化学物質を段階的に削減することに成功したことで、緊急に何ができ、何をしなければならないかが示されました。すなわち、化石燃料からの移行、温室効果ガスの削減、気温上昇の抑制です」と述べた。

回復の兆しは4年前にも報告されていたが、わずかな前触れ程度に過ぎなかった。「回復を示す数値は確固たるものになってきました」とニューマン氏は語る。

NASAゴダード宇宙飛行センターの地球科学主任研究員であるニューマン氏によると、オゾンを蝕む2つの主要な化学物質は、大気中における濃度が低下しているという。報告書によると、塩素濃度は1993年のピーク時から11.5%低下し、オゾンを破壊する効率は高いが大気中の濃度が低い臭素は1999年のピーク時から14.5%低下した。

臭素と塩素の濃度が「上昇が止まり、低下していることは、モントリオール議定書の有効性を如実に物語っている」とニューマン氏は述べた。

科学委員会の共同議長であり、アメリカ海洋大気庁の化学科学研究所のデビッド・W・フェイヒー所長は、「オゾン層破壊物質に対する社会の対応に大きな変化があった」と述べた。

数十年前、人々は店に行けば、オゾンを食い荒らし、穴を開け、大気を汚染する缶入りの冷媒を買うことができた、とフェイヒー所長は言う。現在では、これらの物質は禁止されているだけでなく、よりクリーンな化学物質に取って代わられ、人々の家庭や車にはほとんど使われなくなっている。

南極の自然の気象パターンもオゾンホールのレベルに影響を与え、秋にピークを迎える。ここ2、3年は、その影響でオゾンホールが少し大きくなっているものの、全体的な傾向としては回復に向かっています、とニューマン氏は言う。

これにより 「毎年200万人が皮膚がんから救われている」 と、インガーアンダーセン国連環境計画事務局長は、今年初めにAP通信にメールで伝えている。

数年前、禁止化学物質の1つであるフロン11 (CFC-11)の排出量が減少を止め、増加傾向にあった。中国の一部で不正な排出が確認されたが、現在は想定される範囲内に戻っているとニューマン氏は語る。

HFCと呼ばれる第3世代の化学物質は数年前に禁止されたが、それはオゾン層を破壊すからではなく、熱を閉じ込める温室効果ガスだからである。新たな報告書によると、この禁止によって0.5度から0.9度(摂氏0.3度から0.5度)の追加の温暖化が避けられるという。

また、報告者は大気中にエアロゾルを放出して太陽光を反射させ、地球を人工的に冷却しようとすると、南極のオゾン層が20%も薄くなると警告した。

AP

特に人気
オススメ

return to top