Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • ラグビー英国代表のローンチブリー、日本への移籍が増える可能性を示唆

ラグビー英国代表のローンチブリー、日本への移籍が増える可能性を示唆

(AFP/file)
(AFP/file)
Short Url:
26 Jan 2023 12:01:28 GMT9
26 Jan 2023 12:01:28 GMT9
  • 31歳のロックは、11月にイングランドの強豪ワスプスを退団し、巨額の資金を擁するジャパンラグビートップリーグのトヨタ自動車と1シーズン限りの契約を結んだ。

東京: イングランド代表のジョー・ローンチブリーは水曜日、ヨーロッパのクラブラグビー界では経済的な不安があるため、彼に続いて日本へ移籍する選手が増えるかもしれないと語った。

母国代表として65キャップを獲得している31歳のロックは、11月に破産したイングランドの強豪ワスプスを去り、巨額の資金を擁する日本ラグビートップリーグのトヨタヴェルブリッツと1シーズン限りの契約を交わした。

ワスプスと同じプレミアシップのウスターは、税金の未払いにより10月に経営破綻し、イングランドラグビーのプレミアシップから降格されている。

トヨタ自動車での初戦で手を骨折したにもかかわらず、ローンチブリーは、イングランドのラグビー界が「圧迫」されているため、より多くの選手が他を探さざるを得ないと述べ、日本代表に賛辞を贈った。

ラグビー・フットボール・ユニオンは、海外に拠点を置く選手がイングランド代表となることを禁じているが、ローンチブリーは、国際的な栄誉に縁のない選手は日本のリーグに誘惑される可能性があると考えている。

トヨタのチームメイトについては、「オーストラリアや南アフリカの若い選手がたくさんいて、彼らにとってはとてもいい機会だ」と話している。「多くのイギリスの若者が思い切って新しいことに挑戦したとしても不思議なことではない。」

近年、海外からのスター選手が何人も日本に移籍しており、ローンチブリーはトヨタで南アフリカ代表の2019年世界最優秀選手ピーターステフ・デュトイと一緒にプレーしている。

リーグの海外選手のほとんどは南半球出身だが、イングランド代表のジョージ・クルイスは昨年引退するまでの2シーズンをパナソニック ワイルドナイツで過ごした。

ウェールズ代表として29キャップを獲得し、2020年に日本へ移籍したハドレー・パークスは、ヨーロッパの財政状況が、より多くのイギリス人選手を移籍に誘惑する可能性があると考えている。

ブラックラムズ東京でプレーする35歳のバックスは、「イングランドで何が起きたか。2つのクラブが悲しいことに潰れたのを見てきたでしょう。」と語った。

「向こう2年間は、きっと面白いことになるでしょうね。何人かからメールが来ています。いざと言う時、違う地域、違う文化に移りたいかどうかは、その人次第だと思います。」

ローンチブリーは、日本リーグについて十分に話すことができないが、12 月から 5 月までの比較的短いシーズンは、プレミアシップの軋轢からの歓迎すべき変化だと考えていると語った。

2020年に日本に移籍した元スコットランド代表キャプテンのグレイグ・レイドローは、経済的なインセンティブと新しい文化を体験する機会も、日本を魅力的な目的地にしていると語った。

「何人かの選手と話したのですが、彼らは考えを巡らせながら、何か違うものを探しているようです。– それは確かに、日本のモデルが与えてくれるものなのです。」とレイドローは語った。

AFP

topics
特に人気
オススメ

return to top