Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本のシオノギ製薬、大学と提携して視覚的コロナウイルス検査を開発

日本のシオノギ製薬、大学と提携して視覚的コロナウイルス検査を開発

22 Jun 2020
シオノギ製薬は、日本の大学と提携して、25分で目視で結果が分かるコロナウイルスの唾液検査を開発していると発表した。(Shutterstock)
シオノギ製薬は、日本の大学と提携して、25分で目視で結果が分かるコロナウイルスの唾液検査を開発していると発表した。(Shutterstock)
Short Url:
Updated 22 Jun 2020
22 Jun 2020

シオノギ製薬は、日本の大学と提携して、25分で視覚的な結果を得ることができるコロナウイルスの唾液検査を開発していると発表した。

同社による月曜日のニュースリリースによると、この方法はSTATICと呼ばれ、唾液のサンプルを加熱し、色の変化でウイルスの存在を表す試薬に加えます。患者は自分のサンプルを取ることができ、検出器の機器なしで測定することができます。

検査精度はポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査と同等であると同社は述べている。

塩野義製薬は、日本大学、群馬大学、東京医科大学から技術供与を受けている。

日本では今月初めに唾液を用いたコロナウイルス検査が承認され、鼻腔内スワブよりも安全で簡単な方法で感染症を診断できるようになった。

Reuters

Most Popular
Recommended

return to top