Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 自民新総裁に菅氏=16日首相指名―安倍政権継承、解散が焦点

自民新総裁に菅氏=16日首相指名―安倍政権継承、解散が焦点

Short Url:
14 Sep 2020 03:09:02 GMT9
14 Sep 2020 03:09:02 GMT9

自民党総裁選は14日、投開票が行われ、菅義偉官房長官(71)が第26代総裁に選出された。党内7派閥のうち5派や無派閥グループの支援を受け、岸田文雄政調会長(63)と石破茂元幹事長(63)を破った。菅氏は16日に召集される臨時国会で第99代首相に指名され、同日中に安倍内閣を引き継ぐ新内閣を発足させる。

東京都内のホテルで開かれた党両院議員総会で、所属国会議員(394票)と47都道府県連代表(各3票、計141票=地方票)が投票した。

総裁選は安倍晋三首相の辞任表明を受けて実施された。総裁交代は約8年ぶり。任期は安倍氏の残りを引き継ぐため、来年9月末までとなる。 

菅氏は2012年12月に第2次安倍内閣が発足した当初から、官房長官として安倍首相を支えてきた。総裁選では安倍政権の基本路線を継承する立場を明確にした。14日夕に党本部で記者会見に臨み、新政権の運営方針を説明する。

党運営の要となる幹事長をはじめ、党4役員人事と閣僚人事の調整を急ぐ。党内では「菅総裁」の流れを主導した二階俊博幹事長が続投するとの見方が強い。

衆院議員の任期満了が来年10月21日に迫る中、菅氏がいつ衆院解散・総選挙に踏み切るかが焦点となる。菅氏は、新型コロナウイルスの感染状況が判断に「大きく影響する」と語っている。

総裁選は党則に基づき、「緊急時」を理由に全国一斉の党員投票は見送られた。ただ、44都府県連が独自の党員投票(予備選)を実施、地方票に反映させた。菅氏は地方票でも過半数を確保した。

topics
特に人気
オススメ

return to top