Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • COVID-19の真っ只中、五輪水泳会場オープン

COVID-19の真っ只中、五輪水泳会場オープン

パンデミックにより延期されていたグランドオープニング式典の後、東京アクアティクスセンターで、写真撮影会のために集まる関係者と東京都知事。(アラブニュースジャパン)
パンデミックにより延期されていたグランドオープニング式典の後、東京アクアティクスセンターで、写真撮影会のために集まる関係者と東京都知事。(アラブニュースジャパン)
メドレーリレーのスターターを鳴らす東京都の小池百合子知事。(アラブニュースジャパン)
メドレーリレーのスターターを鳴らす東京都の小池百合子知事。(アラブニュースジャパン)
東京都の小池百合子知事(アラブニュースジャパン)
東京都の小池百合子知事(アラブニュースジャパン)
パラリンピックのアスリート、浦田愛美選手。(アラブニュースジャパン)
パラリンピックのアスリート、浦田愛美選手。(アラブニュースジャパン)
東京オリンピックの主催者たちは、このオリンピックを主催するために、126億ドルの費用が掛かっていると述べているが、その2倍の費用が掛かっている、と会計検査院は指摘している。(アラブニュースジャパン)
東京オリンピックの主催者たちは、このオリンピックを主催するために、126億ドルの費用が掛かっていると述べているが、その2倍の費用が掛かっている、と会計検査院は指摘している。(アラブニュースジャパン)
アーティスティックスイミングの吉田萌選手と乾友紀子選手が、式典でロボットダンスを披露した。(アラブニュースジャパン)
アーティスティックスイミングの吉田萌選手と乾友紀子選手が、式典でロボットダンスを披露した。(アラブニュースジャパン)
アーティスティックスイミングの吉田萌選手と乾友紀子選手が、式典でロボットダンスを披露した。(アラブニュースジャパン)
アーティスティックスイミングの吉田萌選手と乾友紀子選手が、式典でロボットダンスを披露した。(アラブニュースジャパン)
Short Url:
24 Oct 2020 08:10:05 GMT9
24 Oct 2020 08:10:05 GMT9

東京:東京都は10月24日、オリンピックの新しい水泳会場をオープンさせ、東京の小池百合子都知事は、この会場が8カ月前に竣工しており、新型コロナウイルスのために、東京オリンピック大会が来年に延期決定するわずか数週間前だったことを指摘した。

「今や、全ての新会場を完成させました」と、小池都知事は述べた。

東京オリンピックの主催者たちにとって、正念場はこれからだ。つまり、パンデミックの真っ只中に、今から9カ月で、オリンピックの運営方法を模索しなければならないからだ。オリンピックは、2021年7月23日に開会予定だ。

東京都当局と国際オリンピック委員会は不測の事態が起きないかどうか検討し続けているが、オリンピックを成功させる方策を明らかにするのは、来年になるかもしれない。

何千人もの関係者、審判、メディア、放送局、スポンサー、VIP、ファンに混じって、200 以上の国と地域から来るオリンピックとパラリンピックのアスリートたち15,400人が、安全に日本に入国できる方法は、まだ明確になっていない。

日本に関して言えば、COVID-19により、およそ1,700人が死亡している。「差し当たっては、安定しています」と、小池都知事は述べた。「海外から、より多くのアスリートと人々を受け入れたいと思っています」

この15,000席を持つ水泳会場は、ちょうど東京湾の入り江にある。建設費用は5億2,000万ドルと記載されており、この額は14億3,000万ドルの新国立競技場の次に建設費が高い会場となっている。

東京オリンピックの主催者たちは、このオリンピックを主催するために、126億ドルの費用が掛かっていると述べているが、その2倍の費用が掛かっている、と会計検査院は指摘している。

先月、オックスフォード大学の調査論文は、夏季オリンピックの開催費として史上最高であると指摘した。

24日、このプールの泳ぎ初めで、1往復泳ぐ選手たち中に、池江璃花子選手がいた。池江選手は、インドネシアのジャカルタで開催された2018年のアジア大会で、金メダル6冠を達成した。

このままいっていれば、池江選手は東京オリンピックでも、いくつかメダルを獲得できる有望株となっていただろう。しかし、1年以上前に白血病の診断を受けた。池江選手は治療を受けていて、2024年のパリオリンピック出場資格獲得の望みを抱いている。

AP通信

特に人気
オススメ

return to top