Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 新型コロナウイルス感染症の症例数急増に伴い、レバノンの病院で病床数の不足に直面

新型コロナウイルス感染症の症例数急増に伴い、レバノンの病院で病床数の不足に直面

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが懸念される中、防護マスクを着用した人々がラフィク・ハリリ大学病院の外を歩く。ベイルート、レバノン、2021年1月4日 (ロイター)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが懸念される中、防護マスクを着用した人々がラフィク・ハリリ大学病院の外を歩く。ベイルート、レバノン、2021年1月4日 (ロイター)
Short Url:
07 Jan 2021 01:01:41 GMT9
07 Jan 2021 01:01:41 GMT9

ナジャ・フーサリ

  • 新規感染症例数の記録的な数値と、「今後さらに悪化する」という警告を受け、4回目のロックダウン(都市封鎖)措置が取られる

ベイルート:レバノンの医療システムは崩壊の危機に瀕し、新型コロナウイルス感染症の記録的な急増と戦うために25日間の全国的なロックダウン(都市封鎖)を開始する。

感染率の劇的な上昇を受け(1日に3,620例が報告され、これは2020年2月下旬に流行が始まって以来の最高の数値となる)、わずか10ヶ月あまりで4回目となるロックダウン(都市封鎖)は木曜日に開始される。

状況の悪化に警戒感が高まる中、保健当局は、病院の病床が不足し、また集中治療施設が過密状態に陥っているとの警告を出している。

薬剤師たちがアラブニュースに語ったところでは、新型コロナウイルス患者の治療に必要な薬やその他医薬品の在庫も、需要が高まっているために不足している。

夜間外出禁止令は、午後6時から午前5時の時間帯で、2月1日まで実施される。

ハマド・ハッサン保健相は、ロックダウン(都市封鎖)に違反した者は罰金と同時に法的措置が取られると警告している。

「病院の病床数が不足し、パンデミックはレバノン人の生活にとって直接的な危険となっている」と、ハッサン保健相は述べる。

パンデミックの打撃を受けて停滞する国内経済の浮揚を期待して、政府はホリデーシーズン中の予防措置を緩和したが、その後レバノンの新規症例数は2倍以上に急増している。

過去1週間は毎日約3,000件の新規症例数が記録され、昨年2月以降の合計症例数は約193,000件、死亡者数は約1,500人に達している。

民間病院は、国の対応に協力するよう求められている。キリスト教マロン派の総主教ベチャラ・ブートロス・アル・ライも、病院経営者に対し、「新型コロナウイルス患者のために必要な一般病室、集中治療室を提供」するよう呼びかけている。

しかし、レバノンの民間病院の中には、政府が新型コロナウイルス感染症の治療のためにすでにかかった費用を支払っていないと主張している。

また、レバノン・ポンドの価値下落に伴い、労働対価が減少しているのと併せて、過重労働を強いられていると訴える医師や看護師も続出している。

ベイルートのラフィク・ハリリ大学病院の院長、フィラス・アル・アビヤド医師は、状況が悪化することを恐れていると述べている。

「ウイルスが蔓延し始めて以来初めて、病院で1日に実施されたPCR検査の30%以上で陽性の結果が出ている。これは、今後数週間症例数が増え続けることを意味している」

議会保健委員会のアセム・アラジ委員長は、病院の病床数不足の状況を、「非常に憂慮すべき状況だ」と述べている。

「症例数を減らすためには、ロックダウン(都市封鎖)を厳格に実施しなければならない」と、アラジ委員長はアラブニュースに語った。

ミシェル・アウン大統領は今週、ファイザー社と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンの購入契約を結んだと発表した。

レバノン赤十字社のジョルジュ・ケタネ事務局長は、救急隊員が毎日約100人のコロナウイルス患者を病院に搬送していると述べた。

ベイルートとマウントレバノンの病院は救急病棟を含めて既に満員で、「順番待ちリストもある」と、ケタネ事務局長は述べた。

医師は地元のテレビチャンネルを通じて、重度の息切れがない限り通院を避けるよう患者に促した。患者は、酸素濃度をモニターするためにオキシメーターを自宅に置いておくことも勧められた。

一方、民間および政府の研究所は、PCR検査を待っている何百人もの人々に圧倒されている。

看護師のフセイン・アユブはアラブニュースの取材に対し、検査を求める人の中にはこれから海外旅行に行くことを考えている人もいるが、ほとんどは「大晦日のパーティーに参加し、そこでの感染の拡がりを受け、感染を心配し、安心したいために来ている」と語った。

多くの工場経営者は、イマド・ホバラ暫定産業相の来週月曜日からの操業停止命令を無視すると述べている。

また、専門職組合は当局に対し、弱者を完全封鎖から免除し、「草の根グループや低所得者を罰すること」を避けるよう求めた。

これに対しアラジ委員長は、医療・介護スタッフはウイルスの影響を受ける最大のセグメントであり、「彼ら自身の健康や家族の健康を心配する気持ちは妥当である」と述べている。

「レバノンは総動員状態にある。パンデミックが発生しており、それに立ち向かうしかない。病院は気を緩めることはできないし、専門職組合は決定に違反することはできない。ロックダウン(都市封鎖)の遵守は揺るぎないものでなければならない」と、アラジ委員長は述べた。

薬剤師のサマー・スーブラは、薬局はすでに限定的な供給しか無い状況に直面し、患者を治療するために使用される抗生物質、ビタミンC、コルチゾン、亜鉛の在庫が不足していると、アラブニュースに語った。

特に人気
オススメ

return to top