Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 日本の医師らがワクチン接種中止を求める請願書を提出 

日本の医師らがワクチン接種中止を求める請願書を提出 

新型コロナウイルスワクチンの安全性を懸念する全国450人の医師や議員が24日、厚生労働省にワクチン接種の中止を求める連名の請願書を提出した。(Shutterstock)
新型コロナウイルスワクチンの安全性を懸念する全国450人の医師や議員が24日、厚生労働省にワクチン接種の中止を求める連名の請願書を提出した。(Shutterstock)
Short Url:
26 Jun 2021 04:06:32 GMT9
26 Jun 2021 04:06:32 GMT9
アラブニュース・ジャパン
 
東京:新型コロナウイルスワクチンの安全性を懸念する全国450人の医師や議員が24日、厚生労働省にワクチン接種の中止を求める連名の請願書を提出した。
 
高橋徳・米ウィスコンシン医科大学名誉教授が発起人となり、医師390人と地方議員60人が請願書に署名した。 
サンケイスポーツは高橋氏の言葉を引用し、「死亡率が非常に低く、感染者の80%が軽症にもかかわらず、安全性もまだわかっていない遺伝子ワクチンを国民全員に接種させる必要があるのか疑問だ」と伝えた。出席した他の医師らは治験がまだ進行中であり、「ワクチン接種後、少なくとも356人が死亡した」と主張した。
 
河野太郎ワクチン担当相はこの日、自身のブログで「医師免許を持っているにもかかわらず、デマを流す人もいる」と批判した。高橋氏は、「このデータは厚生労働省のホームページによるものだ」と述べた。
特に人気
オススメ

return to top