Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 退任を控えた日本の首相が米国で開催される4カ国首脳会議に出席

退任を控えた日本の首相が米国で開催される4カ国首脳会議に出席

菅氏は、9月29日に予定されている自民党総裁選への不出馬を既に表明しており、これにより、今後次期首相となる新たな自民党総裁が誕生する道が開かれた。(AFP)
菅氏は、9月29日に予定されている自民党総裁選への不出馬を既に表明しており、これにより、今後次期首相となる新たな自民党総裁が誕生する道が開かれた。(AFP)
Short Url:
15 Sep 2021 02:09:45 GMT9
15 Sep 2021 02:09:45 GMT9

東京退任を控えた日本の菅義偉首相は、来週ワシントンを訪問し、他の3カ国の首脳らとともに対面式で開催される「クアッド」と呼ばれる日米豪印4カ国の首脳会議に出席する予定である。

米国、日本、オーストラリア、インドの4カ国は、中国の権威主義的なアプローチに対抗して、民主的な価値観に基づく安全保障と経済の枠組みを形成するために、「自由で開かれたインド太平洋」のビジョンを推進している。

加藤勝信内閣官房長官は記者団に対し、菅首相はジョー・バイデン米大統領より9月24日に開催される4か国首脳会談への出席を招待されたことを明らかにした。任期満了を首脳会議翌日に控えた菅首相の今回の訪米は、4月の日米首脳会談に続き、菅首相にとって2度目の訪米となる。3月に行われた4か国首脳会談は、オンライン形式で開催された。

今回の菅首相による訪米は、自民党総裁選挙を控えた菅政権の自民党幹部議員らが多忙となる時期に行われることになる。今回の訪米は、インド太平洋地域における平和と民主主義に対する日本の外交努力とコミットメントの継続性を示すためのものだと見られている。

菅氏は、9月29日に予定されている自民党総裁選への不出馬を既に表明しており、これにより、今後次期首相となる新たな自民党総裁が誕生する道が開かれた。

加藤官房長官は、菅首相が訪米を予定しているのは、この4か国首脳会議の重要性に鑑みてのことだと語った。

加藤官房長官は、「4か国首脳会議の開催は非常に重要であり、菅総理がしっかり関係を作り、次期首相に継承していくことが重要だ」と述べた。

茂木敏充外務大臣は記者団に対し、「日米同盟の重要性や『自由で開かれたインド太平洋』の実現については、誰が自民党総裁や次期首相がなろうとも、我々の立場は一貫している」と述べた。

これまで3人の候補者が自民党総裁選への出馬を表明しており、現在政府で新型コロナウイルスのワクチン接種を担当する河野太郎大臣が有力視されている。また、ハト派寄りの立場から右派へと転向した岸田文雄元外務大臣や、安倍晋三元首相と同じ保守派である高市早苗元総務大臣もトップを争っている。

AP

特に人気
オススメ

return to top