Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • 河野・岸田氏、日朝首脳会談に前向き=高市氏ら台湾有事に言及―自民総裁選

河野・岸田氏、日朝首脳会談に前向き=高市氏ら台湾有事に言及―自民総裁選

2021年9月18日、東京の日本記者クラブで行われた討論会の前に写真撮影に応じる与党・自民党の総裁選候補者ら。(左から)河野太郎ワクチン担当大臣、岸田文雄元外務大臣、高市早苗元総務大臣、野田聖子元総務大臣。(AFP通信)
2021年9月18日、東京の日本記者クラブで行われた討論会の前に写真撮影に応じる与党・自民党の総裁選候補者ら。(左から)河野太郎ワクチン担当大臣、岸田文雄元外務大臣、高市早苗元総務大臣、野田聖子元総務大臣。(AFP通信)
Short Url:
18 Sep 2021 10:09:27 GMT9
18 Sep 2021 10:09:27 GMT9

自民党総裁選候補による18日の日本記者クラブ主催討論会で、河野太郎規制改革担当相と岸田文雄前政調会長は、北朝鮮による拉致問題解決に向け、金正恩朝鮮労働党総書記との首脳会談に前向きな考えを示した。

河野氏は拉致問題について「首脳と(会談を)やらなければ解決しない問題だ」と指摘。岸田氏も「首脳会談はじめ、あらゆる手段を考えなければいけない」と述べた。

一方、中国が威圧的行動を強める台湾情勢に関し、高市早苗前総務相は「台湾有事の可能性は高いと考えて備えをしなければならない」と言及。河野氏も「全面的な上陸侵攻が起こる可能性を否定できない。何かを起こさせないという国際社会の強い意志を中国に見せていく必要がある」と訴えた。

これに対し、岸田氏は「まずは平和的に解決すべく関係国が努力することだ」と述べた。野田聖子幹事長代行は、中国と経済的な結び付きが強い日本の対応が重要との見方を示した。 

時事通信

特に人気
オススメ

return to top