Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • Home
  • トルコの元外交官ら、モントルー条約の有効性を保つよう警告

トルコの元外交官ら、モントルー条約の有効性を保つよう警告

黒海とトルコのマルマラ海を結ぶイスタンブール運河の案を示す地図。(ウィキメディア・コモンズ)
黒海とトルコのマルマラ海を結ぶイスタンブール運河の案を示す地図。(ウィキメディア・コモンズ)
Short Url:
03 Apr 2021 05:04:23 GMT9
03 Apr 2021 05:04:23 GMT9

アラブニュース

  • 物議を醸している92億ドルのイスタンブール運河計画が非難を浴びている

アンカラ:イスタンブールの海峡の管理に関する1936年のモントルー条約の改訂をめぐる議論が進む中、トルコは最近、物議を醸している45キロに及ぶイスタンブール運河プロジェクトの開発計画を承認した。

このプロジェクトは、その経済的コストや環境への影響だけでなく、海上交通に影響を与える可能性についても批判を集めている。

この人工海路には推定92億ドルの費用がかかり、イスタンブール北側の黒海と南側のマルマラ海を結ぶ。この人工海路は、ボスポラス海峡の混雑を緩和することを目的としている。

イスタンブール運河は世界の代替航路として宣伝されている。しかし、最初に「クレイジーなプロジェクト」として世間に紹介されたこの計画は、イスタンブールの野党市長エクレム・イマモール氏に当初から厳しく批判された。

珍しい動きとして、126人の引退したトルコの大使が金曜日に声明を発表し、イスタンブール運河プロジェクトがモントルー条約を危険にさらし、トルコの利益に悪影響を及ぼす可能性があると警告した。

「イスタンブール運河は、モントルー条約を議論の俎上に載せ、トルコがマルマラ海の絶対的な主権を失うことにつながる」と声明は述べている。

3月24日のハバールテュルクとのインタビューで、トルコ議会のムスタファ・セントップ議長は次のような質問を受けた。「ある日、ある大統領が『私はモントルー(条約)を認めない。破棄した』と言ったらどうしますか?」

セントップ議長は、「彼にはそうする権限がある。しかし、可能であるということと、可能性が高いということは違う」と答えた。

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、2018年の大統領令で、議会の承認を得ずにモントルー条約などのあらゆる国際条約や協定からトルコを離脱させる権限を自らに与えた。

モノトルー条約は、すべての民間船舶に自由な航行を認め、黒海のすべての非沿岸国に属する軍艦の通航方法、滞在期間、排水トン数を定めている。

イスタンブール運河が完成すれば、非沿岸国の軍艦は必要な料金を支払うことにより、同運河を黒海に到達する近道として利用することができるようになる。

しかし、モントルー条約の急激な改定が行われない場合、これらの船舶はモントルー条約のルールを尊重しなければならない。これらの船舶はダーダネルス海峡からイスタンブール運河に入ることになり、ダーダネルス海峡の通航ルールは、やはり数十年に及ぶこの国際制度によって定められているためだ。 

アンカラに拠点を置くトルコ・ロシア関係の専門家アイディン・セゼル氏は、ロシアはモントルー条約を無効にしようとするいかなる試みにも反対すると考えている。

「この国際条約は、関係国を集めて国際会議を開いて作成したものだ。したがって、一方的な離脱はロシア政府側からの深刻な怒りと報復を招くため、起こりそうもない」とセゼル氏はアラブニュースに語った。

2019年12月、トルコ人ジャーナリスト、ムラット・イェトキン氏とのインタビューで、ロシアのアレクセイ・イェルホフ駐アンカラ大使は、「もし運河が建設されることになれば、ロシアはモントルー条約の規定をすべての航路に適用することを主張するだろう」と述べている。

また、米国ジャーマン・マーシャル財団のアンカラ事務所長オズグル・ウンルヒサルシクリ氏はアラブニュースの取材に対して次のように答えた。「イスタンブール運河が建設された場合、同運河がモントルー条約の定める通航制度の適用を受けるかどうかについて2つの相反する見解がある。軍艦に関する限り、どちらの解釈が受け入れられるかは、最終的には問題にならないと考えている。しかし、商船や収益源について同じことは言えないだろう」

ウンルヒサルシクリ氏は、トルコは軍艦に関するモントルー条約の規定を一方的に適用することを最終的に決定すると考えている。なぜなら、他の行動をとれば、モントルー条約の定める通航制度が崩壊し、トルコは西側同盟国とロシアの両方から圧力を受けることになるからだ。

「しかし、この場合、トルコは収益を上げるために、商船には別のルールを適用することができる」とウンルヒサルシクリ氏は付け加えた。

「イスタンブール運河がモントルー条約の定める通航制度の適用を受けると認められた場合、モントルー条約では商船に課せられる税金や通行料が制限されているため、トルコは大きな収入を得ることが難しくなる可能性がある」と述べてウンルヒサルシクリ氏は話を終えた。

特に人気
オススメ

return to top