Since 1975
日本語で読むアラビアのニュース
  • facebook
  • twitter
  • Home
  • 国民民主党党首 ガソリンの課税停止措置に注目

国民民主党党首 ガソリンの課税停止措置に注目

Short Url:
21 Oct 2021 07:10:50 GMT9
21 Oct 2021 07:10:50 GMT9

アラブニュースジャパン

東京:10月31日に行われる総選挙で、日本の与党自民党に対する勢力が注目されている。その一つに日本の政治の中心にしっかりと軸を置く玉木雄一郎代表が率いる国民民主党があり、今回の選挙活動で牽引力を発揮している。

玉木氏は木曜日、銀座数寄屋橋交差点での街頭演説で記者団に、ガソリンの課税停止措置を追加公約とすることを明らかにした。

玉木氏は、「ガソリン価格が急騰している今、トリガー条項を発動すべきだ。これはガソリン価格が1リットル当たり160円を超えた場合、25.1円の課税を停止する措置。しかし現在は、東日本大震災を補償する手段として凍結されていまる」と訴えた。東日本大震災は2011年に発生した。

玉木氏は、コロナ禍での経済への影響を考慮して、この措置を復活させるべきだと考えている。

玉木氏は「地方が最も影響を受けている」と指摘した。自動車に頼らざるを得ない地域では、ガソリン価格の高騰が生活を直撃している。「全国をまわってこのようなお声を多く聞いています。国民生活にとって必要なことをすぐにやるのが国民民主党です」

topics
特に人気
オススメ

return to top